ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サントリー『ジムビーム』で“ディカプリオ度”に挑戦 挑戦者は自称高円寺のディカプリオと『棒読みちゃん』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


先日ガジェット通信で紹介したサントリーウィスキー『ジムビーム』のウェブコンテンツにて、レオナルド・ディカプリオの言うセリフの通りに話すと“ディカプリオ度”を判定してくれるという面白いサービス。セリフの内容は「クールバーボン ジムビーム!」と言うだけだが、これが単純なようで実に難しい。「クールバーボン」と「ジムビーム!」の間の空け具合もちゃんと合わせないといけないようだ。

ガジェット通信スタッフに自称“高円寺のディカプリオ”と言い張っている人がいるので、今回はその人が上記のセリフに挑戦。彼曰く、「骨格が似ていれば話し方や声紋も似るはず!」と言い張っているのだ。まず骨格が似ていないのだが……。

そんな彼がとりつかれたようにディカプリオになりきってクールバーボンボイスチェッカーに挑戦。気合い満々でディカプリオになりきって「クールバーボン ジムビーム!」と言った結果は……。

LEVEL1 モノマネ上手な九官鳥級
スコアの詳細は次の通り
色気 …… 32
情熱 …… 1
切れ味 …… 1
活力 …… 44
リズム …… 30

自称高円寺のディカプリオは、「あ、やっぱり自分ディカプリオじゃなかったかも」と正気を取り戻したのであった。

機械音声でもチェック!

ちなみにこういうボイスチェッカーを機械と対決させたらどうなるのか気にならないだろうか。みなさんご存じの『棒読みちゃん』でも判定させてみたぞ。使ったソフトは『棒読みちゃん Ver0.1.11.0 Beta12』である。

音声はその中から最もディカプリオ判定されやすそうな「男性2」を選択。速度と音程は変更を加えないでおく。スマートフォンをパソコンのスピーカーに近づけ判定させれば結果が得られるはずだ。そんなわけで実際に判定を行ってみると……。

「LEVEL7 バイリンガルラジオDJ級」と高評価。自称高円寺のディカプリオよりも良いスコアをたたき出してしまったのだ。高円寺のディカプリオも面目丸つぶれである。

この判定は気合いを入れすぎるよりもナチュラルに行った方が良いスコアが出やすいのかもしれない。

ガジェット通信スタッフは「もう二度とディカプリオを名乗りません。堺雅人にしておきます」と反省していたようだ。そういう問題じゃないのだが……。

クールバーボンボイスチェッカー(スマートフォン専用サイト)
http://www.coolbourbon.jp/

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP