ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、「らくらくスマートフォン F-12D」のソフトウェアアップデートを開始、画面ON時にタッチパネルが反応しない事象に対処

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTTドコモは8月12日、富士通製Androidスマートフォン「らくらくスマートフォン F-12D」のソフトウェアアップデートを開始しました。今回のアップデートは主に不具合の改善を目的としたもので、画面がOFFの状態で電源ボタンなどを使って画面をONにした後、稀にタッチパネルが反応しない事象が改善されるそうです。更新ファイルはF-12D単体でダウンロード可能で、端末の待ち受け画面から、「メニュー」→「設定を行なう」→「その他の設定を行なう」→「端末情報を見る」→「ソフトウェアを更新する」→「更新を開始する」→「はい」の順にタップすることで手動でアップデートを実施できます。アップデートにかかる時間は約3分。アップデート後のソフトウェアビルドは「V31R36B」です。Source : NTTドコモ



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、スマートフォン5機種の月々サポート適用金額を増額
NVIDIA SHIELDの日本語への対応状況
Google Playストアのアプリページをワンクリックで他の言語版に切り替えられるChrome拡張機能「Store Language Switcher」がリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP