体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“塩とフルーツ”の一番マズい組み合わせはこれだった! 一番おいしい組み合わせも公式に発表

“塩とフルーツ”の一番マズい組み合わせはこれだった! 一番おいしい組み合わせも公式に発表

汗をかく季節に、水分と一緒に塩分やミネラルを補給できる“塩とフルーツ”の組み合わせ。ガジェット通信では参加者みんなでおいしい塩とフルーツの組み合わせを考える『世界のKitchenから大学 塩とフルーツ学部』を紹介しました。今回は、その後編集部がいろいろ試してみて一番マズかった組み合わせをご紹介します。

参考記事:
塩とフルーツの組み合わせで商品企画に参加できるかも? 奨学金1000万円を用意した『世界のKitchenから大学』が開講中
http://getnews.jp/archives/380975

ライチ果汁に沖縄海塩を合わせて人気の『世界のKitchenから ソルティライチ』や、『世界のKitchenから大学』でユーザーの一番人気だった塩とスイカの組み合わせなど、塩とフルーツは意外と相性がいいはず。甘みを強く感じさせたり、酸味を抑える効果があることが『世界のKitchenから大学』の講義でも解説されていました。だけどあったんですよ、マズい組み合わせが……。

マズい組み合わせはこれ

編集部が試して一番マズかったのが、塩とブルーベリーの組み合わせでした。『世界のKitchenから大学』で案内されている“塩とフルーツ”の試し方を参考に味わってみましょう。

塩水を作る

まず、100ccに対して小さじ1杯程度の濃さで塩水を作ります。なめてみて「ちょっとしょっぱいかな?」と感じるぐらいがちょうどよいとのこと。

フルーツを塩水にくぐらせていただきます

フルーツを塩水にくぐらせていただきます。

最初は気にならない

うん、まあ食べられないこともないかな……。

マズい!

うわ、マズっ! 最初は果肉部分の味がするのですが、次第に皮の味が塩気とまざってマズさが口の中に広がるのです。後味も渋みとしょっぱさが同居してなんともヒドい味に。

ほかのスタッフも…… 「マズい!」

ほかのスタッフも一様に、口に入れてしばらくしてから「マズい!」という反応に。塩とブルーベリーは合わないと断言します!

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy