ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

USのキーボード奏者/プロデューサー、ジョージ・デュークが死去

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 


『DreamWeaver』 ジャケット画像

ジャズ/フュージョンをはじめ、ソウル、R&B、ファンクなどさまざまなジャンルで活躍したUSのキーボード奏者/プロデューサー、ジョージ・デュークが8月5日にLAの病院で亡くなったことがあきらかとなった。享年67歳。彼は慢性リンパ性白血病を患っていたという。

47年にカリフォルニア州のサン・ラファエルで生まれたデュークは、10代のころからバンド活動を行い、大学卒業後にプロのキーボーディストとしてのキャリアをスタート。70年代にはキャノンボール・アダレイやフランク・ザッパ、クインシー・ジョーンズ、ドン・エリスなどのグループに参加、その後スタンリー・クラークと結成した〈クラーク/デューク・プロジェクト〉での活躍も知られている。マイケル・ジャクソンのアルバム『Off The Wall』にもキーボードで参加しており、マイルス・デイヴィスやスモーキー・ロビンソンらのプロデュースも担当。ソロ・アーティストとしても、全編ブラジルで録音された79年作『A Brazilian Love Affair』を含む30以上のアルバムを発表してきた。

なお、デュークは昨年7月に妻のコリーヌをガンで亡くしており、彼女への素直な気持ちを曲にしたというアルバム『DreamWeaver』を先月に発表したばかりだった。謹んで故人のご冥福をお祈りいたします。

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP