ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イーモバイル、「ARROWS S(EM01F)」を8月中旬以降に発売、同時に新スマートフォン向けサービス「EMOBILE 4G-S」を開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

イーモバイルは8月5日、「SoftBank 4G」に対応したAndroidスマートフォン「ARROWS S(EM01F)」の発売に合わせて、新スマートフォン向けサービス「EMOBILE 4G-S」とそれに対応する新料金プランの提供を8月中旬以降に開始すると発表しました。イーモバイルはソフトバンクのグループ企業ということで、最近では両社間でネットワークの相互利用が進められています。今回発表された「EMOBILE 4G-S」は、ソフトバンクが提供しているAXGP方式の「SfotBank 4G」と900MHz帯の携帯サービスに対応したサービスで、8月中旬以降に発売される「EM01F」をカバーするために開始されます。「EMOBILE 4G-S」に対応する各種プランも発表されました。料金プラン「4G-Sプラン」、パケット定額サービス「データ定額3-S」、これらに加入すると「データ定額得割」と「4G-Sスマホ割」が適用可能になり、2年間3,880円/月~で運用することができます(別途、EMベーシックパック-S 315円/月と端末代金が必要となります)。「ARROWS S(EM01F)」の価格も発表されました。「バリュースタイル-S」で購入すると、端末価格は63,000円(24ヶ月分割 2,625円/月)で、「月額割引-S」を適用すると最大50,400円(2,100円/月✗24)の割引が受けられ、実質価格は12,600円(24ヶ月分割 525円/月)になります。Source : イーモバイル



(juggly.cn)記事関連リンク
Motorola、「Moto X」のブートローダーをアンロック可能にした“Develper Edition”を発売へ
ソフトバンク、「HONEY BEE 101K」と「PANTONE 6 200SH」のソフトウェアアップデートを開始
Pantech、韓国で指紋センサー&トラックパッドを内蔵したLTE-Advanced対応スマートフォン「VEGA LTE-A」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP