ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【10/11】福岡・行信寺にて『エンのエン vol.5』開催!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

福岡県大牟田市、真宗木辺派・行信寺にて〈お寺×ライブ〉なイベント『エンのエン vol.5』が開催されます。2008年にスタートし、4度に渡って開催されましたこのイベントは、過去には二階堂和美やmicromicrophone(mito from クラムボン)、蔡忠浩(bonobos)など、コアなアーティストが出演することで話題となり、お寺イベントの中でも注目度の高いイベントです。5回目となる今回は、約2年ぶりの再開ということもあり、期待が高まります。

イベントに登場するゲストミュージシャン一組目は、リコーダーやウクレレなど、身近な楽器を使った脱力系バンド「栗コーダーカルテット」。2005年にカバーした映画スター・ウォーズ「帝国のマーチ」のあまりのユルさ加減が話題となり、NHK「ピタゴラスイッチ」のテーマ曲や、NHK「みんなのうた」ではUAとのコラボを果たすなど、子どもから大人まで、誰もがきっとどこかでその音を聞いたことがあるアーティストです。ライブ活動も活発に行われており、様々なアーティストとの共演も果たしている彼らが、お寺という空間でどんなゆるーい音楽を奏でてくれるのかとても楽しみです。

そしてもう一組はフルート、ウッドベース、ピアニカ、テープレコーダーなどの楽器と、各地でフィールドレコーディングした音を絡ませた即興演奏が特徴的な「CINEMA dub MONKS」。ジャズをベースにした即興性の高い音楽が魅力的な彼らのサウンドは、緊張感と浮遊感が混在し、スペインやイギリスなど、海外でも高い評価を受けています。さらにはステージ全体に映像を投影し、音と人と映像をミックスした”一本の映画”のようなライヴ空間を展開することでも知られており、お寺の本堂が一体どんな音と色に染まるのか、ファンならずとも期待せずにはおれません。

さらにはこの「エンのエン」ではもうおなじみとなっている、福岡を拠点に活動するミュージシャン「ボギー」も出演。2010年には自作曲108曲を7時間半かけて達成するという偉業を成し遂げるなど、弾き語りアーティストとしても活躍するお祭り男のパフォーマンスからも目が離せません!

もちろん、お寺イベントならではの読経と法話も要チェック!今年は読経に雅楽も加わり更にパワーアップ。厳かな雰囲気の中で、仏教にもどっぷり浸かることのできるイベントとなっているようです。

秋の始まりの時期、皆さまどうぞお寺で「音楽」と「仏教」をお楽しみください。

『エンのエン vol.5』
日 時 :10月11日(金)Open 16:30 、Start 17:00
場 所 : 真宗木辺派 華鳥山 行信寺(福岡県大牟田市一部町101 )
TEL&FAX:0944-53-0920
料 金 : 前売り / ¥ 3,000 当日 / ¥3,500(高校生以下¥1,000 中学生未満 無料) 
チケットはこちらの申し込みフォームから

Live:
・ 栗コーダーカルテット 
・ CINEMA dub MONKS 
・ ボギー (nontroppo) 
PA:T4stereoSOUNDSYSTEM (ants) & Shu (LICK IT!!)
DJ:道斎(michitoki / KT)
VJ:宮田 正樹 (BijonoB)
Opening Act: 
読経 × 雅楽 (真宗木辺派錦織会青年部 + 熊本日蓮宗雅楽)
法話者 :
・ 村上 元 師 (本願寺派布教使 / SCHOOL OF TEMPLE)
・ 郡浦 智明 師 (本願寺派布教使)
・ 内古閑 信暁 師 (九州大谷短期大学講師)
Drink & Food:FIRE ball / Victoria

お問い合わせ
行信寺 TEL&FAX:0944-53-0920
http://en0en0.exblog.jp/

○連載:仏教なう

彼岸寺の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.higan.net/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。