ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI、スティックタイプのテレビ用小型STB「Smart TV Stick」にビデオパスの問題を解消するアップデートを提供開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KDDIは8月5日、スティックタイプのテレビ用小型STB「Smart TV Stick」にシステムの不具合改善を目的としたアップデートの提供を開始しました。今回のアップデートで、月額課金制の動画配信サービス「ビデオパス」のコンテンツを再生中に、映像の再生が一時停止してしまう事象が解消されるそうです。OSバージョンはAndroid 4.0.43のままです。更新ファイルは端末単体でダウンロード可能です(Wi-Fi経由)。Smart TV Stickの設定メニューを表示後、「端末情報」→「システムアップデート」より手動でアップデートを実施できます。アップデート後のソフトウェアビルドは「Ver.01.00.006」です。Source : KDDI



(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy Tab 2(7.0)にAndroid 4.2.2へのアップデートの提供が開始
サンワサプライ、スマートフォンのイヤホンジャックに差し込める撮影用の32灯LEDライト「200-DG006」を発売
CCC、Tポイントが使える・貯まるネット写真プリントサービス「Tプリント」のAndroidアプリをリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP