ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ラムネや金魚、チョコバナナにリンゴ飴! 夏祭りカラーが胸躍るミッキーのマスコット「EDONATION(エドネーション)」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


「日本の物作りを見直し再発見する事で、日本を元気にしたい!」そんなコンセプトを元に誕生したシリーズ『EDONATION(エドネーション)』。このネーミングには日本を象徴する文化「江戸」と、新しい「世代」を掛け合わせる事で、過去と未来の文化をつなぐ意味合いが込められています。

EDONATIONのマスコットは、1点1点、日本の熟練した職人が手作りしており、発色の良さや繊細さなど、MADE IN JAPANの良さが凝縮されています。

昔から江戸の下町には玩具を製造する工場がたくさん存在していました。現在では工場の数も激減し、担い手も減ってしまいましたが「ソフビタウン」と言われた街では、今でも職人達が日々クオリティの高い 「ソフビ」(ソフトビニール製の人形)を作りつづけています。

材料の細かい調整によって様々な色彩が生まれ、水の美しさにより透明度の高いクリアなカラーを再現する事ができる職人の技。世界中のマニアをとりこにするMADE IN JAPANのソフビは成形の細かさや独特の発色、彩色で、現在も各地で高い評価を受けています。

そんなMADE IN JAPANの精巧な技術で作り上げたミッキーマウスのソフビマスコット、EDONATIONシリーズに、夏らしい新たなカラーが加わりました。テーマはずばり夏祭り! 今の季節にピッタリなEDONATIONが誕生しました。


■071カキ氷
本体にたくさんの気泡をいれる事で氷のヒンヤリとした白さが表現されています。耳には一点一点手作業で練乳をイメージした彩色が施されていて、甘い雰囲気の漂うカラーに仕上がっています。


■072ラムネ
本体にラムネの炭酸のような細かい気泡を入れることで、夏の日に飲んだ『ラムネ』の清涼感を表現。透明感のある水色が夏の暑さを和らげてくれそうです。


■073金魚すくい
透明のオレンジの本体、サイドには赤い色を彩色することで、涼しげに泳ぐ金魚の体の色を表現しています。金魚と並べて飾りたくなりますね。



■074チョコバナナ
本物のチョコバナナの作り方のように、バナナ色の本体にチョコレート色をかけながら彩色。ソフビならではの艶感がチョコレートの艶を想わせます。


■075ヨーヨー釣り
ヨーヨー風船の特徴である、あの模様を全て手描きで彩色しています。子どもの頃、お祭りで手にしたヨーヨーがミッキーに可愛らしく再現されました。


■076りんご飴
露店の灯りに照らされ光り輝く“りんご飴”。そのトロリとした水飴の様が表現されています。思わず舐めたくなるくらいの美味しそうな真っ赤な飴感。

どれも少し懐かしさを感じるほどノスタルジックな夏祭りカラーの6種。日本の職人さんの繊細な技で作られているからこそ、出来たものなのだと感じます。夏祭りの露店のイメージが蘇る可愛いEDONATION。ぜひこの夏に手にとってみてはいかがでしょうか?

※実際の商品にはすべて頭部にボールチェーンが付いています。

EDONATION公式サイト http://www.runat.co.jp/edonation/

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP