ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTC、台湾でGSM/CDMA2000対応の「HTC Deisre 600c dual」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HTCは7月31日、台湾で新型Androidスマートフォン「HTC Desire 600c dual」を発表しました。「HTC Desire 600c dual」は、6月発売された「HTC Desire 600 dual sim」のGSM/CMDA2000版。中国で発売された「Desire 609d」をベースにしています。台湾では現地のCDMAキャリア 亞太電信(Asia Pacific Telecom)を通じて販売されます。「Deisre 600c dual」は、4.5インチ960×540ピクセルのSuper LCD2とQualcomm製1.2GHzクアッドコアプロセッサ(MSM8x25Q)を搭載したローエンド~ミッドレンジクラスの製品で、デュアルSIM・デュアルスタンバイに対応しており、2枚のSIMカードを指してそれぞれの電話番号で同時にスタンバイ、SIMカードを切り替えて電話発信を行うことができます。対応周波数は、SIMスロット1がCDMA2000/1xEVDO rev.A 800MHz(下り最大3.1Mbps/上り最大1.8Mbps)、SIMスロット2がGSM/EDGE/GPRS 900/1800/1900MHzです。WCDMAやLTEには非対応です。OSはAndroid 4.1(Jelly Bean)。HTC独自の「Sense」はHTC Oneと同じ「Sense 5」を搭載しており、「HTC BlinkFeed」、「HTC BoomSound」、「Video Highlights(HTC Zoeから改称?)」などのHTC Oneだけに搭載されている機能がいくつか盛り込まれています。前面上下にスピーカーを1つずつ配置したデザインはHTC Oneと共通しています。RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量は8GB、Micro SDカード(最大64GB)も利用可能です。カメラは背面に800万画素裏面照射型CMOS(F2.0・28mmレンズ、LEDフラッシュ)、前面に160万画素CMOSを搭載。前後共に動画は最大720pで撮影できます。ワイヤレス機能はWi-Fi a/b/g/n、Bluetooth v4.0(apt-x対応)、DLNA、NFCに対応。バッテリー容量は1,860mAh。本体サイズは135.75mm×67mm×9.84mm。質量は128gSource : ePriceHTC Taiwan



(juggly.cn)記事関連リンク
MotorolaのCEOが低価格版「Moto X」の発売を示唆
Acerがエントリーモデル「Liquid Z3(Z130)」を発表
IGZO&フルセグ搭載タブレット「AQUOS PAD SH-08E」が本日発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP