ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

魅族(Meizu)の次期フラッグシップ「Meizu MX3」の設計図の一部が流出、ディスプレイサイズは5.06インチ1,800 x 1,080ピクセル

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国のスマートフォンメーカー 魅族(Meizu)が開発している次期フラッグシップ「Meizu MX3」の設計図らしき画像がWeiboで出回っていました。公開された画像には、「Meizu MX3」のディスプレイサイズが5.06インチ(66.09mm ✗ 110.16mm)で、解像度が1,800✗1,080ピクセルといった情報が記載されています。ディスプレイサイズと解像度はこれまでの噂だと、5インチ1,920×1,200ピクセルと伝えられていましたが、Meizu CEOのJ Wang氏が公開したMeizu MX3のスクリーンショットのサイズも1,800 ✗ 1,080ピクセルだったことから、画像の情報は正確だと考えられます。Meizu MX3はまだ発表すらされていませんが、Samsung Exynos 5410 8コアプロセッサ、背面に1,300万画素カメラ、前面に190万画素カメラ、3,000mAhバッテリーを搭載していると噂されています。Source : Weibo



(juggly.cn)記事関連リンク
ASUSが厚さ6mmの薄型タブレットをIFA 2013で発表するという噂
Google、Nexusデバイス向けAndroid 4.3にfstrimコマンドによるストレージパフォーマンスの低下を抑制する仕組みを導入
NTTドコモ、「Galaxy S II SC-02C」のソフトウェアアップデートを開始、イヤホン接続時のキャッチホン音量を修正

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP