ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony Mobile ”Honami”がFCCの認証を取得

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobileの次期フラッグシップ“Honami”が発表前にFCCの認証を取得しました。今回認証を取得した”Honami”は2モデルあります。グローバルモデルとみられる「PY7PM-0450」と南米モデルとみられる「PY7PM-0650」。PY7PM-0650は、PY7PM-0450にブラジルにおける地上デジタル放送の規格「ISDB-T」用のチューナーを追加したモデルとFCCの「Model Variant Attestation」に掲載されています。また、「Confidentiality Request」によると、Sony MobileはFCCに対してユーザーマニュアルや本体の写真などの一部の資料を2013年9月30日までは公開しないよう要請しているのですが、その日以前に発売されるようにスケジュールの変更があれば、再度、この件についての申請を提出すると明記しており、認証を申請した時点の発売日は9月30日以降と考えられます。「Test Report」によると、両モデルは、GSM 850/900/1800/1900MHz、WCDMA Band 1/2/4/5/8、LTE、Band 1/2/3/4/5/7/8/20、DC-HSDPA、IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.0、NFCのワイヤレス通信機能に対応。また、バッテリーは内蔵型でMicro SDカードスロットを搭載。MHLにも対応しています。Source : FCC(PY7PM-0650)(PY7PM-0450



(juggly.cn)記事関連リンク
LG、“G Class”アンプとapt-xコーデックを備えたワイヤレスヘッドセット「BTS1」を発表
NTTドコモ、「AQUOS PHONE ZETA SH-09D」と「AQUOS PHONE sv SH-10D」にAndroid 4.1.2へのアップデートを提供開始
「Chromecast」が早くもroot化される、OSはChrome OSではなくGoogle TVベースらしい

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP