ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

〈bounce〉7月25日発行号は(((さらうんど)))、相対性理論、SPYAIRが表紙!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 


〈bounce 357〉表紙画像

 

タワーレコードが毎月25日に発行しているフリーマガジン〈bounce〉。ここでは、7月25日発行の357号の情報をお知らせします!

今回は、イルメリこと鴨田潤、Traks BoysのK404とCrystalの3人から成るポップス・バンドで、最新アルバム『New Age』が発売となった(((さらうんど)))、ニュー・アルバム『TOWN AGE』を本日7月24日にドロップしたばかりの相対性理論、そしてメジャ・デビューから3年を迎え、これまでの集大成となるアルバム『MILLION』を8月7日にリリースする4人組ロック・バンドのSPYAIRが表紙に登場! 彼らに加えて、片想い、SISTER JET with DOTS+BORDERS、般若、DJ DECKSTREAM、MARIAらのインタヴューを掲載しています。

さらに、ディスクロージャーなどの次世代アクトをフィーチャーした〈NEW GRADATION〉、三回転とひとひねり、星野みちるの初アルバムに加えファンシーな名盤を紹介する〈GOD MADE ME FANCY〉、3号連続で〈SUMMER SONIC 2013〉などのイヴェントの観どころをお伝えしてきた〈夏フェスのススメ〉の最終回、ライムベリーのニュー・シングルを筆頭に〈TOKYO IDOL FESTIVAL〉に出演する注目アイドルの作品を中心に取り上げる連載〈ZOKKON -candy floss pop suite-〉の拡大版など、特集記事もてんこ盛りの内容となっています。

また、ニュー・アルバム『The Signal And The Noise』が7月31日に日本先行発売されるエイジアン・ダブ・ファウンデーションの歩みを振り返る〈PEOPLE TREE〉、オススメのニュー・リリースだけを厳選してレヴューする〈NEW OPUS〉をはじめ、今号も盛りだくさんの内容でお届け。新アルバム『Melody Palette』が好調なNegiccoが表紙を飾る別冊も封入しています。ご来店の際にぜひゲットしてください!

★bounce 357号のマガジンページはこちらから

 

〈bounce 357〉コンテンツ

【BLOW UP!】
Una/片想い/SISTER JET with DOTS+BORDERS

【INTERVIEW FEATURE】
(((さらうんど)))/般若/ロビン・シック/DJ DECKSTREAM/MARIA/SPYAIR

【特集】
この夏を包む素敵なアトモスフィア
NEW GRADATION
ディスクロージャー/アルーナジョージ/ライ

【POWER PUSH】
アスキング・アレクサンドリア/Salley/浅井健一& Bad Teacher Kill Club

【EXTRA POWER PUSH】
相対性理論

【特集】
夏フェスばかり行かないで
GOD MADE ME FANCY
三回転とひとひねり/星野みちる/お部屋で楽しむファンシー名盤たち

【SPECIAL ANNIVERSARY INSIDE COVER FEATURE】
Negicco

【360°】
ケンドラ・モリス/生形真一の六弦生活スペシャル!/かせきさいだぁ

【PEOPLE TREE】
エイジアン・ダブ・ファウンデーション

【SPOTLIGHT!】
八王子P/dip/TOWA TEI

【特集】
夏フェスのススメ(最終回)

【Discographic】
夏なんです

【ろっくおん!】
〈第17回〉オランダのウッドストック!?

【特集】
この感動は二度とない瞬間である!
ZOKKON 4EVER
ライムベリー/後藤まりこ/TIF出演アクト直前ガイド

【New Opus】
安室奈美恵/スティーヴ・アーリントン×デイム・ファンク/アイコニカ/バックストリート・ボーイズ/〈連載〉OSHIETAL:ファイヴ・フィンガー・デス・パンチ/ナット・キング・コールに捧ぐ

【SURROUND】
アントニオ・カルロス・ジョビン

【連載】
ハマ・オカモトの自由時間――〈第23回〉Motown Funk
KOHOLO――青柳拓次が紡ぐ言葉の音
WANTED THE WANTED――〈第3回〉シヴァの恋人
tofubeatsの棚の端まで――〈第5回〉中高6年間男子校ゥ~
その時歴史は動いた――〈第47回〉欽ちゃんファミリー
UJTのマンガDROP!

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP