ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、スマートフォン用3GB RAMの量産を開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungは7月24日、メモリ容量3GBのスマートフォン用DRAMの量産を開始したと発表しました。Samsugが開発したのはLPDDR3規格に対応したDRAMで、この容量を実現した製品を量産するのは業界の中でもSamsungが最初とされています。現行のスマートフォンでは2GBのメモリ容量が主流となっており、3GBのDRAMの登場により、スマートフォン用のRAM市場は世代交代を遂げることになると予想されます。Galaxy Noteの次期モデル(Galaxy Note III)には3GBのRAMが積まれていること噂されていますが、すでにその容量のRAMが量産されているというニュースを目にすると、実際に3GBの可能性が高いと考えられます。Source : Flickr



(juggly.cn)記事関連リンク
Google、第2世代「Nexus 7」を正式発表、新バージョン「Android 4.3」を搭載した7インチフルHDタブレット、日本でも発売予定
Android向け「Gガイド番組表」がv5.0にアップデート、アプリUIが一新、放送開始のプッシュ通知機能が追加、検索機能が統合
米Verizon、「Droid Ultra」の従業員向け限定版を発売予定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP