ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Rockchip、Windows PCのウィンドウ操作に近い操作体験を実現するAndroidタブレット向けマルチウィンドウUIを開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国の半導体メーカー RockchipがAndroidタブレットのディスプレイ上に復数のアプリを同時に表示するマルチウィンドウUIを開発したというニュースが伝えられています。同社が開発した新UIは、Samsung Galaxy製品のハイエンドモデルでよく目にする「マルチウィンドウ」に似た機能を提供するもので、ディスプレイ上にアプリを並べて表示したり、アプリ画面を個別に拡大・縮小してディスプレイ上を自由に動かしたりできます。Galaxy製品の「マルチウィンドウ」との違いとしては、Androidの設定メニューなどの全てのアプリをウィンドウ化でき、さらに、(動画では4つまでしか試されていないので)少なくとも4つのアプリを同時に表示できるという点。こうなってくると、Windows PCのウィンドウ操作に近い感じがしますね。この新UIは、Rockchip製プロセッサを搭載したAndroid 4.2.2以上のタブレットで動作し、メーカーらに対してはオプション機能として無償提供されるとのことです。Rockchipプロセッサは中華タブレットやHDMIドングルなどに多くみられます。今後、そういった端末の多くに実装されると思います。Source : ARMDevices.net



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、10月27~29日にサンフランシスコで第1回目の開発者向けカンファレンスを開催
ワコム、フルHDディスプレイとTegra 4を搭載したAndroidタブレット“Cintiq Companion Hybrid 13HD”を開発中?
新型Nexus 7のプレス画像別バージョンが流出、デフォルト壁紙が一新

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP