ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コクヨS&T、紙でとじるホッチキス『針なしステープラー』発売へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

コクヨS&Tは、金属製のホッチキス針を使わずに紙でとじるホッチキス『針なしステープラー』を12月9日に発売します。紙でとじると同時に2穴ファイル用の穴あけも同時にできる構造は業界初。ホッチキス針を使わないため、書類廃棄時の分別をする必要がなくそのまま捨てることができる環境対応商品です。

『針なしステープラー』は、ホッチキス針を使わずにコピー用紙を10枚までとじることが可能。金属製のホッチキス針を使わないため、書類を廃棄する時にホッチキス針をはずして分別する面倒な作業は不要です。ホッチキス針が指先に触れることもありませんので、ケガの心配なく安心して使えます。また、ハンドルを一度押し下げるだけで、2ヶ所をとじると同時にファイル穴を開ける構造ですので、そのまま2穴ファイルに挟みこめるのも特徴です。

紙をとじる動作は、一般的なホッチキスと同様にワンアクションで完了します。ステープラーに紙を挿し込んでハンドルを一度押し下げると、用紙をとじるU字型の紙片(ベルト部分)と、紙片を通す切り込み(ベルト通し)の部分ができます。ハンドルを引き上げると、ベルト部分はベルト通しの切り込みを通って用紙の上に引き出され、ちょうどミシン針のような仕組みで紙をとじ合わせます。そして、折り込まれたベルト部分の空洞がファイル穴として機能するというわけです。

メーカー希望小売価格は5775円とちょっと高めですが、ホッチキス針を必要とせず、ファイル穴をあけてもゴミも出ませんので、オフィスの人気文具として活躍してくれそうです。
 
 

■関連記事
ぺんてる、紙に描いたイラストをデジタル化できる『airpenDraw』限定発売へ
海外旅行中の必需品をすっきり持ち歩ける『スキットマン パスポートケース』など発売へ
手帳や本の背表紙に“おんぶ”するペン『ONBOOK/おんぶっく』発売へ

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP