ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy S 4 Google Play Edition用Android 4.3(JWR66V)の公式ファームウェア(I9505GUEUBMG8)が流出

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Galaxy S 4 Google Play Edition(GT-I9505G)用に開発されているAndroid 4.3ベースのアップデート版ファームウェア「I9505GUEUBMG8」が流出しました。XDA Developersでは、今回流出したファームウェアをカスタムリカバリからインストールできるようにしたZIPファイルが配布されています。GT-I9505GとGT-I9505で利用可能です。OSバージョンは先月末に流出したファームウェアと同じ「Android 4.3」のままですが、ビルド番号が前回のJWR66NからJWR66Vに上がっており、次のような変化が見られます。 バッテリー消費が改善 SE Linuxが削除 IMDBアプリが動作するようになった DashClockが動作するようになった 描画性能が向上 Google Walletが動作するようになった 電源OFF時でもワイヤレス充電を利用できるようになったSource : XDA Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
「Moto X」のプレス画像が流出
Google Now風デザインの音楽プレイヤー「Now Playing」がGoogle Playストアに復活
Rockchip、MiracastとDLNAに対応したテレビアダプタを開発

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP