ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サンコー、Android 4.2・クアッドコアプロセッサ・2GB RAMのAndroidスティック「Android SmartTV Quad-core 2」を発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

サンコーは7月18日、Android 4.2・クアッドコアプロセッサ・2GのRAMを搭載したハイスペックAndroid HDMIスティック「Android SmartTV Quad-core 2」を発売しました。商品はサンコーレアモノショップで14,800 円で販売中です。「Android SmartTV Quad-core 2」は、スティックタイプのAndroid端末。本機を接続したHDMI対応テレビや外部ディスプレイ上でAndroidアプリやWEBページ、動画などを出力することができます。前作(Android SmartTV Quad-core)からスペックが大幅に強化されており、アプリの動作やサクサク感が向上しています。OSはAndroid 4.2(Jelly Bean)で、Google Playにも対応しています。筐体サイズは98mm × 39mm × 10mm、質量は約35g。プロセッサはCortex-A9ベースの1.6GHzクアッドコアCPUとMali-400 GPUを内蔵したもの。RAMは容量は2GB(DDR3)、内蔵ストレージの容量は8GB、Micro SDカードスロットもあります。USB端子を2つ備えており、US接続のHDDやフラッシュメモリをつないだり、キーボードとマウスをつないでPCのように利用することもできます。ワイヤレス通信機能はWi-Fi b/g/nとBluetoothに対応しています。Source : サンコーレアモノショップ



(juggly.cn)記事関連リンク
Rockchip、MiracastとDLNAに対応したテレビアダプタを開発
Samsung、Galaxy Note IIのOSアップデートではAndroid 4.2.2をパスしてその次のバージョン(Android 4.3?)を提供する予定
Motorola、「Moto X」の発表イベントを8月1日にニューヨークで開催、マスコミに招待状を送付

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP