ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

声優・下田麻美さんがオーディオブックに挑戦! 独占インタビュー

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

声優・下田麻美さんがオーディオブックに挑戦! 独占インタビュー
 今年、『何者』で直木賞を史上初の平成生まれとして受賞した若手人気作家の朝井リョウさんのデビュー作といえば、『桐島、部活やめるってよ』(集英社/刊)だ。
 タイトルからインパクトのある本作は、とある高校を舞台に、同級生の男女5人の視点を通して展開する青春群像劇で、荒削りながらも瑞々しい筆致と、高校生たちのリアルを描いた物語が話題になり、2012年には映画化もされた。

 そして今年、今度はオーディオブックとして登場。本日7月19日からオーディオブック配信サービス「FeBe」にて配信が開始している。オーディオブックとは書籍を朗読したもので、いわゆる「耳で楽しむ本」だ。

オーディオブック版『桐島、部活やめるってよ』詳細はこちら

 本オーディオブックでは、普段、アニメなどで活躍中の人気声優を起用し、豪華キャストで『桐島、部活やめるってよ』の世界をお届けしている。一体どんな作品になっているのだろうか? 今回、なんと新刊JPでは沢島亜矢を演じる声優・下田麻美さんにインタビューを行うことができたので、その様子をお届けする。
(新刊JP編集部/金井元貴)

  ◇   ◇   ◇

―まずは収録を終えてのご感想をお願いします。

「ありがとうございます。最初にお話をもらったときに、ちょうど去年映画になっていたこともあって、作品自体は知っていたのですが、それがオーディオブック化されるということで、どんな感じで収録するんだろうと思っていたんですね。
私は沢島亜矢という役をメインで演じさせていただいたのですが、キャラクターのひとり言でもないし、客観的な朗読でもない、その中間地点でバランスをつかむのが難しかったですね。地の文がキャラクター視点で展開するんですが、つい感情が入り過ぎちゃったり、ひとり言みたくなっちゃったりするんで、“人に聴かせる”ということを意識して読ませていただきました。
でも、収録はすごく楽しかったです。一人でスタジオに入って読んだのですが、他の声優さんたちとも一緒にやれたら良かったなと思いました」

―『桐島、部活やめるってよ』の小説についてはどのようなご感想がありますか?

「いろいろなキャラクターの視点が詰まった作品ですが、それぞれのキャラクターが見ている景色はみんな一緒なのに、その世界は全然違うように見えるんですよね。そこがすごく面白いと思いました」

―この作品って擬態語や擬音語の使われ方が独特ですよね。

「そうですね! 確かにすごく特徴的でした」

―下田さんが読んだ沢島亜矢の章でも「ごつ、ごつ」や「さらさら」「ぷるぷる」など、いろいろな語が出てきます。

「そういった言葉って、普段使うことは少ないけれど、ニュアンスがすごく伝わってきますよね。そういう表現でインスピレーションを湧かせてくれる朝井先生の言葉の使い方はすごいなと思いました。そういった箇所は読んでいてたくさんありましたね」

―『桐島、部活やめるってよ』で一番のお気に入りシーンを教えて下さい。

「たくさんあるんですけど、自分の演じた亜矢って多分どこにでもいる女の子で、登場人物の中では私の学生時代に一番近いかなって思える部分がすごくあったんです。例えば、目立たないように少し縮こまって生きていている感じとか、すごく共感できました。友達と好きな人がかぶってしまったとき、学生時代特有の上下関係から『この子の方が自分よりもちょっと強いから、この子より前に出ちゃいけない』みたいに思ったりとか。その子とは仲良しなんだけど、亜矢が遠慮して一歩下がって友達を立てようとするシーンがあって、自分の学生時代を思い出して切ない気持ちになりましたね」

―亜矢と似ているというということは、役的にもすごくぴったりだったんですね。

「そうですね。『亜矢の気持ち、すごく分かる』と思っていました。(亜矢は)きっと良い女になるで!って(笑)あとは、梨紗という桐島君の彼女役のキャラクターも演じさせていただいたんですが、梨紗は亜矢とは真逆のキャラクターで、こういう女子、全然接点なかったなと思いながらも、すごく楽しく演じることができました」

―亜矢と梨紗以外では、他にどんな登場人物を演じていらっしゃるんですか?

「あとはカオリちゃんという役で、この子のセリフは少ないんですけど、いろいろな人の話の中にカオリちゃんがでてきます。あとは、クラスメイトとソフトボール部のキャプテンですね(笑)」

―物語のいろいろなところで下田さんの声が聴けるということですね。楽しみです。
『桐島、部活やめるってよ』の舞台が高校ということで、下田さんはまた高校時代に戻りたいですか? また、もし戻るならば、どんな高校生活をおくりたいですか?

「今が楽しいので、高校生には戻りたくないです(笑)最近、その年齢の楽しみ方が分かってきたんですよ。一人でおしゃれなカフェに入ったりとか、服の好みも少しずつ大人になってきたりして。だから、学生時代に戻りたいという想いは今のところあまりないですね。
でも、高校時代って、この作品で描かれているようにグループに分かれますよね。私の高校時代は、ちょっと不良みたいな目立つグループと、ごくごく普通の人たちと、アニメ好きで少しオタクなグループに分かれていて、私は普通のグループとアニメのグループの間を行ったり来たりしていたんですが、今だったらみんなと仲良くなれるんじゃないかと思います。ちょっと目立つグループの人たちが怖くてなかなか話しかけづらかったんですけど、今だったら勇気を出して話しかけて、ちょっと笑いも取れるんじゃないかなって(笑)実家に帰ったときに、同窓会であまり話せなかった人としゃべれたりして、今思うと、あの垣根はなんだったんだろうって思いますね」

―話は変わりますが、夏といえばサザンオールスターズです。下田さんはサザンオールスターズの大ファンとのことですが、ついに今年、デビュー35周年に合わせて再始動されるということでコメントをいただけますか?

「そうなんですよ(笑)! 嬉しいです! 再始動が発表された当日は、渋谷まで号外を取りに行いきましたから(笑)」

―それはすごいですね!

「もともと再始動するんじゃないかと思わせるようなことがちょくちょくあって、何かあるはずと思って追いかけていたんです。それで、6月25日がサザンオールスターズのデビュー35周年の記念日だったので、この日に絶対何かある!ってインターネットを逐一チェックしていたんですね。で、翌朝早くに起きてホームページ見たら再始動が告知されていて歓喜して、さらにテレビを見て号外が出ていることを知って、すぐにもらいに行きました。ちょっと遅くに行ったのですが、無事ゲットできて良かったです」

―今年の夏はサザン一色になりそうですね(笑)では、最後に、ファンの皆さまに本作品についてのPRやメッセージをお願いできればと思います。

「オーディオブック化ということで、原作のファンの皆さんにもちろん、普段小説を読まない方にも聴いていただいて、本作の面白さを味わってもらいたいです。5〜6時間と長いお話になっていますが、ぜひ気軽に、通学や通勤中に聴くのにちょうどいいかなと思いますので、聴いてみてください」

―ありがとうございました!

  ◇   ◇   ◇

■下田麻美さんプロフィール
1月30日生まれ。鳥取県出身。アーツビジョン所属。
【主な出演作】

・THE IDOLM@STER(双海亜美・真美)
・お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ(猿渡銀兵衛春臣)
・IS<インフィニット・ストラトス>(凰鈴音)
・キューティクル探偵因幡(佐々木優太)

・井上麻里奈・下田麻美のIT革命!

■オーディオブック版『桐島、部活やめるってよ』情報
著者:朝井リョウ
出版社:集英社
価格:1,260円 (税込)
*オーディオブック配信サービス FeBeにて配信
【ナレーション】
菊池宏樹 安倍大樹
小泉風助 高槻陽一
沢島亜矢 下田麻美
前田涼也 斉藤壮馬
宮部実果 原紗友里
東原かすみ 近藤佳奈子
オーディオブック版『桐島、部活やめるってよ』特設ページ
http://www.febe.jp/documents/special/kirishima/



(新刊JP)記事関連リンク
超豪華声優陣が作家と手を組みチャリティーで復興支援
MF文庫J 創刊10周年イベント開催で人気声優勢ぞろい
愛子(仮名・28歳 声優 一人暮らし)の場合

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。