ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本の法人税、本当はこんなに低いんだ! 三井物産6%、三菱電機9・5%~なのに庶民には大増税とは!(綾瀬市議会議員上田博之)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今回は上田博之さんのブログ『上田博之のあやせタウンWeb【ブログ版】』からご寄稿いただきました。
※この記事は2013年07月11日に書かれたものです。

日本の法人税、本当はこんなに低いんだ! 三井物産6%、三菱電機9・5%~なのに庶民には大増税とは!(綾瀬市議会議員上田博之)


(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/07/zei.jpg

マスコミや、自民、維新、みんななどは、日本の企業の法人税は高いから引き下げろ、と大合唱していますが、そこにはとんだごまかしが潜んでいるのです!

原発でだまされた国民は、ここでもだまされるわけにはいきません!!

真実をしっかりと知ることがまず大切ですね!!!

以下、7月10日の「しんぶん赤旗」の記事を転載します~!!!!

三井物産6% 日産16% トヨタ26%…法人税 大企業ほど軽い自民、さらに「大胆減税」庶民には消費税大増税

大もうけしている大企業ほど法人税をわずかしか払っていません。各社の財務資料から本紙が過去8年間の平均税負担率を計算したところ、もうけ(税引前当期純利益)が多い上位20社の法人3税の負担率が30%にも満たないことが分かりました。

法人3税とは国税の法人税と地方税の法人事業税、法人住民税を合わせたもので、その税率を法定実効税率といいます。本来なら復興特別法人税(約3%)をふくめ、税引前当期純利益の約38%を納める必要があります。しかし、上位20社では29・9%と3割を割り込んだほか、上位600社でも32・3%と法定税率より低い額しか負担していません。

個別企業では三井物産が6・3%、三菱電機は9・5%でした。カルロス・ゴーン社長に9億8800万円の役員報酬を出した日産は16・0%、「円安効果」でもうけを拡大しているトヨタでも26・1%しか負担していません。

これは、巨額の利益を上げている大企業ほど、さまざまな優遇税制を使いやすいからです。たとえば研究開発減税は11年度の減税総額3386億円のうち、84・9%が資本金10億円以上の大企業と連結企業グループでした。また、09年度から導入された「海外子会社配当非課税制度」は、多国籍企業に大きな恩恵を与えます。

安倍晋三政権はこうした大もうけをしている大企業に対して、今年も投資減税などを追加、研究開発減税も拡充しました。15年度からは法人3税の法定税率が35%に下がることが決められています。その上、自民党は参院選政策で「思い切った投資減税」「法人税の大胆な引き下げ」を掲げています。

安倍自・公政権は一方で消費税率を来年4月には8%、15年10月には10%まで引き上げるとしています。日本共産党は消費税増税ではなく、大企業・大資産家に応分の負担を求める税制の抜本改革が必要だと主張しています。

参議院選挙で、内部留保をため込んでいる大企業には減税、賃金が下がり続ける庶民には消費税増税を行う安倍自・公政権には、「ノー」の審判を下す必要があります。

海外子会社配当非課税制度
外国子会社から受ける配当などの額の95%を非課税とする制度です。海外に子会社を多く持つ大企業ほど恩恵が大きくなります。

執筆: この記事は上田博之さんのブログ『上田博之のあやせタウンWeb【ブログ版】』からご寄稿いただきました。

寄稿いただいた記事は2013年07月18日時点のものです。

寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP