ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 4.2.2ベースのGalaxy Note 8.0(GT-N5110)用公式ファームウェアが流出

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungが、Sペン対応8インチタブレット「Galaxy Note 8.0」向けに開発しているAndroid 4.2.2ベースの公式ファームウェアがSamMobileで公開されました。公開された「N5110XXCMG2」はWi-F Onlyモデル「GT-N5110」用です。ファームウェアはSamsung公式のものですが、開発途中のテストビルドとされています。ファームウェアはOdinを利用してインストールすることができます。現行のGalaxy Note 8.0はAndroid 4.1.2を搭載していますが、流出ファームウェアをインストールするとAndroid 4.2.2(JDQ39)にバージョンアップします。目立つ変化としては、通知パネルの各スイッチをGalaxy S 4のように展開したり、機能の入れ替えやスイッチの並べ替えも可能なところが挙げられます。Android 4.2.2の新機能となるスクリーンセーバーやロック画面ウィジェットも利用可能になっていると思います。Source : SamMobile



(juggly.cn)記事関連リンク
小米科技(Xiaomi)の次世代スマートフォン「Mi3」らしきスマートフォンが中国の地下鉄内で激写される
Sony Mobile “Honami”のカメラインタフェースを撮影した写真、約2,000万画素の写真撮影ができる模様
ソフトバンク、7月18日からMNP転入者向けの新キャンペーンを実施

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。