ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界初、スマホと連動する電動バイクが開発中、ベトナムなどアジアへ展開も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“持ち運びが容易なパソコン”ともいえる多機能デバイス、スマートフォンの登場により、パソコン並みのさまざまな機能を、手元で手軽に扱えるようになったが、スマートフォンと他の電子機器などを組み合わせて、新たな機能を実現する新商品開発の動きが多く見られるようになっている。

電動バイクの開発を手がけるテラモーターズでは、スマートフォンと連動する機能を搭載した、電動バイクを開発中だという。併用アプリでは、走行のドライブログを管理することができ、走行距離や電費、走行の電力コストを計測したり、出発地点と到着地点の住所やマップを表示したり、走行ルートを地図上に示す。さらに、速度に応じてルートの色が変化したり、急ブレーキや急加速した地点を表示するといった機能のほか、最新のバッテリー残量や、検知した故障情報などを知らせる機能も搭載。

テラモーターズでは、世界初のスマートフォン連動の電動バイク量産を目指し、12月に発売を予定している。アジアの各地で、バイクは市民の重要な足となっているが、日本国内だけでなく、ベトナム、フィリピン、インドなどのエリアを中心に、販売展開をおこなう見込みだ。このように、これまで個別に独立して機能していた電子機器と、スマートフォンを連動させたサービスは、今後ますます増えていくことだろう。

テラモーターズ

Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP