ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Acer、WQXGAディスプレイとTegra 4プロセッサを搭載したAndroid端末「TA272HUL」を開発中?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ベンチマークアプリ「Nenamark2」の公式サイトに、Acerブランドの「TA272HUL」を名乗るAndroid端末のテスト結果が登録されていました。Acer製タブレットの場合、Nenamark2の公式には「ICONIA・・・」や「A1-810」といった形で登録されているのですが、今回の「TA272HUL」は、これまでのAcer製Android端末とは異なる規則の名前で登録されています。Nenamark2の公式サイトの情報によると、OSバージョンはAndroid 4.2.2、CPUは1.8GHz駆動、GPUはNVIDIA Tegra、解像度は2560×1344ピクセル。CPUの動作クロックから、搭載されているSoCはTegra 4と予想されます。WQXGAディスプレイとTegra 4を搭載したハイエンドな製品となる模様です。Source : Nenamark2



(juggly.cn)記事関連リンク
世界中で使われているAndroidのバージョン別シェア(2013年6月)、Jelly BeanがGingerbreadを抜いてトップに立つ
米国の大手量販店がNexus 7の値下げを実施、新型Nexsu 7 発売間近?
Galaxy Note IIIは価格や市場ニーズに応じて4モデルが発売されるという噂

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP