体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

インターネットは都市部と地方の格差を縮めたか

インターネットは都市部と地方の格差を縮めたか

今回はgudachanさんのブログ『グダちゃん日報』からご寄稿いただきました。

インターネットは都市部と地方の格差を縮めたか

まずはじめに『ギャルと不思議ちゃん論』などの著作で知られるライターの松谷 創一郎さんの興味深いツイートを引用する。

Soichiro MATSUTANI@TRiCKPuSH

インターネット以降の地方には住んでないのだけど、最近感じているのは、東京人と地方人との情報格差。ネットというインフラがあるので昔より情報格差は縮小すると想定されるが、逆に相対的には広がっているように感じる。あるいは、情報が分断して流通しているように感じる。

2013年06月28日
https://twitter.com/TRiCKPuSH/statuses/350456561048629248

「インターネットがあれば都市部も地方も関係ない」と言う話はよく言われている。amazon.jpをはじめECは全国どこでも同じ在庫をそろえている。テレビ番組のように「都会では放送されても田舎では放送されない(またはものすごく送れて放送される)」こともない。「東京と同じ」であることはおろか世界中の最先端の情報と、膨大な商品がインターネットによって得ることができる。どこに住んでいてもSNSで情報発信・受信・共有ができる・・・・

しかし、それは理想であり、現実問題として都市部と地方の「インターネット格差」は存在していると思う。

都道府県別のIT・情報・通信に関する普及率*1のランキングをみると、パソコンや携帯電話といったデバイスの普及率も、ソーシャルメディア・ECといった中身の利用率も、圧倒的に東京神奈川の方が高く、青森県など地方の田舎の県ほど低い。ネット社会は確実に都市部の方が進んでいる。

*1:「IT・情報・通信」 『都道府県別統計とランキングで見る県民性』
http://todo-ran.com/t/categ/10044

自分が大学に入って知り合ったとある地方県の県庁所在地出身の友人によれば、「高校時代(2007年以前)に地元ではYoutubeを知っている同級生は誰もいなかった」そうだった。TwitterやFacebookはおろか、彼は上京後にmixiを知り、加入したのだという。

これには本当に驚いた。神奈川県の湘南であれば、みんな高校時代にSNSや動画サイトを楽しんでいたのだから。(でもよく考えたらmixiはアウトだよね)しかし地方だと、県庁所在地ですら、そのレベルである。

大学ではメディアを学んでいたので、携帯電話の普及実態などを同級生から聞く機会もあったのだけど、地方っ子に多かったのは「高校時代にはじめて携帯電話を持った」ケースである。これもおかしかった。首都圏ならば、小学生から持つのが一般的だ。現に自分は小学校5年で携帯電話を持っていた。ブロードバンドおよびパソコンが「一家に一台(一人一台ではない)」で一般家庭に普及したのは遅くとも2000年代初頭だろうが、地方だと10年くらい遅れているという。しかもいまだに一家全員で同じパソコンを共有するスタイルが主流と見受けられる。

地方と都市部には深刻な情報環境の格差がある。

それが、「ネット社会の分断」をまねている所もある。地方のTwitterユーザのプロフィール画像を見ると、多くは一様にプリクラ写真なのだが、これはガラケー型のネット文化の名残だと見受けられる。プロフ文章の体裁も、ツイートの文法や内容も、まるでフォーマットがあってそれに沿っているかのように画一的で、「地方の国道沿いの全国チェーン街のように」没個性なのだ。

2008年の日系BPの記事によると*2、PC型のネット文化を中心に発展したmixiとガラケーを基本としたGREEではユーザ層に地域格差があると言う。mixiは首都圏ほど、GREEは地方ほど普及しているという。ガラケーSNS「モバゲータウン」の地元の友達サークル数は地方ほど突出しており、記事はさらに”一部のケータイSNSにて提供されているタウン情報系のコンテンツにおいても、首都圏での書き込みは人口の割に多くないのに対し、地方都市の書き込みは非常に充実しているという傾向を見ることができた”としている。記事は以下のように結んでいる。”携帯サイトの世界においては、地方に住んでいるユーザーが積極的にコミュニティを利用し、情報発信を行っているということだ。テレビや雑誌、PCのインターネットでは首都圏を中心とした情報が主となっているが、ケータイはむしろ地方のユーザーが牽引役になっている”

*2:「「携帯フィルタリング」の波紋 【第4章】地方の若者を救うケータイ」 2008年05月07日 『ITpro』
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080501/300300/

ITジャーナリストの佐々木俊尚氏は「ケータイ小説」についてのネット記事で次のように論説している。

宮部みゆきさんのベストセラー小説と人気ケータイ小説の売れ行きを、都道府県別に調査したことがある。詳しい数字は手元にないので不明だが、関係者から私が聞いたところでは、宮部さんの小説は東京や大阪、名古屋などの都市部に売れ行きが著しく偏っていたのに対し、ケータイ小説はほぼ人口分布にそって、全国にまんべんなく売れていたという。

(中略)

都市部の若者では情報源の第1位がインターネットになっているのに対し、地方の若者ではいまも情報源の第1位はテレビだという調査データもある。こうした数字から明らかになっているのは、都市と地方では同じ世代であってもまったく別の文化が形成されているということだ。つまりはロードサイド文化である。

出典「ケータイ小説に見る「大きな物語」の復権と郊外文化」 2009年05月06日 『総合図書大目録』
http://www.sogotosho.daimokuroku.com/?index=katuji&date=20090506

ケータイ小説とは、ドラマや映画にもなった「恋空」(2005年執筆開始)をはじめとする、携帯サイト上で発表された小説のこと。多くはロードサイド化した郊外地域を舞台とする、少女漫画的な恋愛の悲喜劇で、「携帯的な言葉遣い」で書かれている。2000年代中期にブームになったものだ。

ブーム当時は、書店に「ケータイ小説コーナー」があったりしたものだが、最近はぱったりと見なくなっている。しかし、日経トレンディの2011年の記事では”都市部を離れ、郊外や地方にあるロードサイドの書店に足を運んでみると、必ずといっていい程ケータイ小説のコーナーが設置されており、単行本や文庫本が豊富に並べられているという光景を目にする*3″としている。これは事実だ。首都圏ならば、小さな駅前や住宅街の中小規模の書店はおろか、ジュンク堂や有隣堂などのターミナル駅前にある大型書店でさえもケータイ小説コーナーはわずかにしかないが、地方の県にいくと、国道沿いの宮脇書店のような小規模書店に、棚の端から端までケータイ小説が並んでいる。多種多様の充実がある。福島県や三重県がそうだった。日経トレンディの記事によると、女子中高生の間で市場として確立しており学校の始業前の読書の時間などに活用されているらしい。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。