ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MediaTek、8コアCPUのスマートフォン向けSoC「MT6592」を11月より量産開始予定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

台湾のファブレス半導体メーカー MediaTekが、8コアCPUのスマートフォン向けSoC「MT6592」を開発していると台湾サイトのMTK手机网が伝えています。MediaTekの計画は内部資料を撮影したとされる写真より得られたもので、この中に「MT6592」という型番が記載されています。画像のスペックによると、「MT6592」は28nmプロセスで製造される8コアCPUのSoCで、CPUクロックは1.7GHz~2.0GHzとけっこう高く設定されています。また、動画の1080p@30fpsデコードにも対応しています。同サイトによると、「MT6592」のCPUコアは全てARM Cortex-A7コアで、Exynos 5 Octaのようにクラスタを切り替えて動作するのではなく、原理的には、8つのCPUコアを同時に動作させることも可能とのことです。真の8コアCPUというわけですね。「MT6592」は、6月より一部のメーカーにサンプル出荷されており、今年11月に量産が開始される予定です。早ければ年末~年始かけてこのSoCを搭載製品が発売されると予想されます。MediaTekは「MT6592」のほか、同時期にクアッドコアプロセッサ「MT6588」、2013年Q3中には「MT6582/M」というクアッドコアのSoCの量産も予定しています。Source : MTK手机网



(juggly.cn)記事関連リンク
「HTC One mini」ブラックバージョンの実物写真が今度はブルガリアで流出
KDDI、停止していた「Xperia VL SOL21」のAndroid 4.1.2アップデートを再開、不具合修正のアップデートも同時に提供
ポラロイド社公認のカメラアプリ「Polamatic」のAndroid版がリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。