ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

生食用の牛レバーの提供が禁止になってから1年……牛レバ刺しは今

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


食品衛生法に基づき、生食用の牛レバーの提供が禁止になったのが昨年2012年の7月1日。昨年の6月末は、「今のうちにレバ刺しを食べておかねば!」といった駆け込み需要でまさにレバ刺狂想曲といった具合に、人気のお店に行列ができたりしていたようだ。

7月以降は、豚・馬・鶏のレバーは生での提供が禁止されていないということで、それらを扱うお店が人気になったりしていた。

豚のレバーは、牛のそれよりもヤバいという話もあるのだが……。

それぞれ特徴があり、味も値段も異なる生レバー。牛レバ刺し風のこんにゃくが売られたり、牛レバ刺し禁止でO-157の発生件数が激減したニュースや牛レバーの放射線殺菌の研究のニュースが報道されたりしている。

ユッケに関しては、先日紹介した
「合法的な」牛肉ユッケが焼肉屋で復活 カギを握る“納豆方式”とは?
という方法で、“合法的”に食べることのできるお店が増えてきている。

牛レバーに関しては、禁止されて以降 “脱法的”な方法で食べている人も多い模様だ。「何を今更」と思われる方も多いかとは思うが、つまり禁止される以前は「レバ刺」として提供されていたものと同じものを「焼き用レバー」(建前)として提供しているのである。

提供禁止前には「日本一のレバ刺」をうたっていた、赤坂見附と白金に店をかまえる『金舌』さんは、現在は「日本一のレバー」として以前はレバ刺として出していたレバーを石焼用の石と一緒に提供。「焼いてお召し上がりください」と一応は言われるが、そこには多分に「(生でも食べられますけど)」という暗黙の了解があるように思われる。焼いて食べなくても特に「やめろ!」と首根っこをつかまれて怒られたりはしない、自己責任である。

現在は他の焼肉屋でも、こういった形式で出しているお店は多いようである。この形式までNGとなると、調理場で焼いて提供する以外に方法がなくなるということだろう。

ということで、あくまでお店との阿吽の呼吸かつ自己責任で嗜むことにしよう。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP