ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アークティック・モンキーズ、待望のニュー・アルバム『AM』日本先行発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 


アークティック・モンキーズ (Photo by Zackery Michael)

 

これまでオリコン洋楽チャートの1位を3度獲得し、〈SUMMER SONIC〉〈FUJI ROCK FESTIVAL〉といった大型フェスへの出演も果たすなど、日本でも高い人気を誇るUKのロック・バンド、アークティック・モンキーズ。彼らのニュー・アルバム『AM』が、9月4日に日本先行リリースされる(UKでは9月9日発売)。 

『Suck It And See』以来約2年ぶりのアルバムとなる本作は、バンドの長年のプロデューサーであるシミアン・モバイル・ディスコのジェームス・フォードとのタッグで制作。M.I.A.のファースト・アルバム『Arular』を手掛けたロス・オートンも共同でプロデュースに携わっている。さらに、ゲストとしてクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジのジョシュ・ホーミ、エルヴィス・コステロのドラマーを務めるピート・トーマス、元コーラルのビル・ライダー・ジョーンズといった面々が参加。先週に公開された新曲“Do I Wanna Know?”や、70年代から活躍するパンク詩人のジョン・クーパー・クラークが作詞に加わった“I Wanna Be Yours”を含む計12曲が収録される。また、日本盤にはボーナス・トラックが追加予定。トラックリストは以下の通り。

新たなアーティスト写真では、アレックス・ターナー(ヴォーカル)がリーゼントをキメるなどイメージを一新しており、どのようなアルバムが届けられるのか気になるところ。6月28日(金)には世界最大規模のロック・フェス〈グラストンベリー・フェスティバル〉でヘッドライナーを務めることも決定しており、新作モードの彼らの姿が披露されることとなりそうだ。

 

〈ARCTIC MONKEYS 『AM』収録曲〉
1. Do I Wanna Know?
2. R U Mine?
3. One For The Road
4. Arabella
5. I Want It All
6. No.1 Party Anthem
7. Mad Sounds
8. Fireside
9. Why’d You Only Call Me When You’re High?
10. Snap Out Of It
11. Knee Socks
12. I Wanna Be Yours

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP