ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2013年Q1のモバイルデバイス国内出荷台数、タブレットは201万台とプラス成長(IDC Japan調査)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

調査会社のIDC Japanは6月24日、2013年Q1(1月~3月)の国内におけるモバイルデバイスの出荷台数に関する調査結果を発表しました。同社のいう”モバイルデバイス”は、スマートフォン、タブレット、データコミュニケーション端末(データ通信カード、モバイルルーター)、PCが含まれます。その全体の総出荷台数は前年同期比9.7%増の1,358万台とプラス成長だったそうです。スマートフォンについては先日発表されましたが、前年同期比4.0%増の681万台。タブレットについては、前年同期比187.2%増の201万台だったそうです。タブレットは低価格モデルを中心によく売れたらしく、2四半期連続で200万台を越えるものだったそうです。PCは前年同期比4.6%減でしたが、タブレットの大幅増が大きく影響し、全体としてはプラス成長を維持しています。Source : IDC Japan



(juggly.cn)記事関連リンク
持ち帰り弁当の「Hotto Motto (ほっともっと)」、7月1日よりネット宅配サービスを全国2,300店舗で開始
携帯3社、6月27日より大阪市営地下鉄堺筋線の天神橋筋六丁目駅~堺筋本町駅の区間で携帯電話サービスを開始
イーモバイル、シャープ製Androidタブレット「GALAPAGOS A01SH」に最新ビルド「5031_2_071」へのアップデートを提供開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP