ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ネット選挙活動】「○○候補投票なう」は違反? ルールが明確でない投票日当日の「選挙活動」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

2013年7月4日に公示される第23回参議院議員選挙から適用される改正公職選挙法により、いわゆる“ネット選挙”が解禁。インターネットを選挙活動に使うことが合法になりました。しかし、電子メールの利用は候補者・政党等に限られて、一般有権者が使うと違反になるなどルールが複雑で混乱が予想されます。

※参考 【ネット選挙活動】一般有権者のメールはNGでLINEはOK!? 複雑すぎる「電子メール」の定義
http://getnews.jp/archives/365379 [リンク]

既にさまざまなメディアで報じられているように、『Twitter』のリツイート(RT)機能で、未成年者が候補者の選挙活動に関するツイートを拡散することはNG。また、前日までにツイートされた投票お願いする内容のものを、投票日当日にRTで拡散するのもやはり違法になります。

これは、公職選挙法129条で「選挙期日の当日における選挙運動用文書図画の頒布」について禁止されており、「文書図画」にあたるウェブサイトの更新や選挙運動用の電子メールの送信もこれまで通り行なうことができません。つまり、選挙日当日の0時より日付が変わるまでは、未成年者に限らず誰でも“選挙活動”を行うことができないのです。

これまでの国政選挙などでも、投票日当日に「投票なう」といったツイートをするような呼びかけも行われています。投票という行為自体は“選挙活動”ではないのでいくらツイートをしても抵触しません。ですが、これが仮に「○○候補に投票なう」というツイートの場合はどうなるのでしょうか?

総務省自治行政局選挙部の担当者によると、「選挙運動とみなされるかどうかは、様々な要素を総合的に判断されます」ということ。具体的には、『Twitter』だけでなく『Facebook』やいろいろなところに同じ内容を投稿して、本人も活動をして認めて客観的にも“選挙活動”と見なされるものに関しては、違反とされる可能性があるとしています。

さらに、ネットで影響力のある有名人に関しても、特定の候補を応援した内容をインターネットにアップした際には“選挙活動”となる場合が多いとのこと。「有名人」の定義が判然としませんが、フォロワー数の多い『Twitter』ユーザーは選挙当日のツイートに関して充分に注意を払う方が無難かもしれません。

いずれにしても、実際に選挙を管理する側も手探り状態でルールが明確でない点が多いのは否定できないところ。特に投票日当日はさまざまなツイートが飛び交うことになりそうですが、その違法性の判断がどのようなものになるのか、注意を払う必要がありそうです。

総務省|インターネット選挙運動の解禁に関する情報
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/naruhodo/naruhodo10.html [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP