体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ラブライバー横浜に集結! 『μ’s 3rd Anniversary LoveLive!』ライブレポート

ラブライブ!

6月16日、パシフィコ横浜国立大ホールにて『μ’s 3rd Anniversary LoveLive!』が開催された。μ’sとは、スクールアイドルプロジェクト『ラブライブ!』のスクールアイドルグループで、メンバーは、高坂穂乃果役・新田恵海、絢瀬絵里役・南條愛乃、南ことり役・内田彩、園田海未役・三森すずこ、星空凛役・飯田里穂、西木野真姫役・Pile、東條希役・楠田亜衣奈、小泉花陽役・久保ユリカ、矢澤にこ役・徳井青空の9名。コミケでの物販からスタートしたプロジェクトだが地道に活動をつづけ、活動開始3年目にしてこれほどまでの大きなグループに成長することを誰が予想していただろうか。今年1月にTVアニメが放送されるやいなやファンが急増し、今回の3rdライブではパシフィコ横浜国立大ホールのみならず全国51箇所のライブビューイングも埋め尽くすほどの人気にまで成長した。今回はファン待望の9人揃ってのライブということもあって、開演前からファン大興奮のライブであった。

3年間の思いが詰まった3rdライブ

ラブライブ!

今回のライブはTVアニメ放送終了後ということで、TVアニメの曲を中心としたライブ構成になっていた。オープニングテーマであった『僕らは今のなかで』が会場に鳴り響くと同時に、9色のペンライトを手にしたファンの前にμ’sが登場、ライブがスタートした。2曲目はμ’sの始まりの曲である『僕らのLIVE 君とのLIFE』。μ’sの代表曲ともいえる2曲が開始直後から続き、会場のテンションはいきなり最高潮にまで高まった。MCをはさんで3曲目『Wonderful Rush』、4曲目『夏色えがおで1,2,Jump!』と続き、笑顔の弾けるμ’s楽曲パートはひとまず終了。MCパートではパシフィコ横浜の満員の観客による「にっこにっこにー!」の大合唱や「かしこい かわいいー」\エリーチカー!/のコール&レスポンスなど、ライブならではの一体感が会場全体を包み込んでいた。

ラブライブ!

5曲目は作中での2年生トリオである新田恵海、内田彩、三森すずこによる『ススメ→トゥモロウ』。その後は6曲目から14曲目までは9人それぞれのソロ曲のショートバージョンが披露された。ステージで1人変わる度に客席のペンライトの色がキャラクターに応じて変化する、幻想的ともいえる光りに包まれた空間の中、9人のソロ曲が次々と歌われた。続く15曲目『START:DASH!!』では、バックのスクリーンに映しだされたTVアニメの映像と新田恵海、内田彩、三森すずこの3人が見事にシンクロし、ステージ上に穂乃果、ことり、海未がいるかのような感覚を覚えるほどクオリティの高いダンスを披露した。この『START:DASH!!』はアンコールで9人バージョンも披露され、TVアニメファンにとっても、μ’sファンにとってもたまらない演出であった。16曲目の『これからのSomeday』はTVアニメ6話で各メンバーが身に着けていた衣装を忠実に再現した見事な衣装を着て登場。さらに17曲目『もぎゅっと”love”で接近中!』、18曲目『Wonder zone』と盛り上がりはとどまることを知らない。

ラブライブ!

最後の曲の前には、『ラブライブ!Next Project』の新情報が大発表された。PS Vitaでゲーム化、さいたまスーパーアリーナでの2daysライブ、アニメ2期決定と立て続けに驚きの新情報がリリースされ、観客は大歓声をあげた。そして、μ’sのメンバーからのメッセージがあり、3年間の活動や今回のライブについての感想などそれぞれに秘めた熱い想いが語られた。

1 2 3次のページ
srbnの記事一覧をみる

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。