ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

渋谷のマクドナルドで先行発売された『クォーターパウンダーハバネロトマト』&『BLT』を食べてみた 本田△(動画)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


本日渋谷のマクドナルド東映プラザ店にて先行販売された『クォーターパウンダーハバネロトマト』と『クォーターパウンダーBLT』。どちらも正式な発売日は6月24日で、本日は先着1000名に限定Tシャツと本田圭佑さんとのコラボクリアファイルが貰えるというイベントが行われた。

その情報を聞きつけマクドナルド東映プラザ店にはオープンの12時前に既に長蛇の列ができ、11時50分の時点で1000人を越えTシャツがもらえない人が出てくるほどである。その後整理券を配るが、もらえないと分かっていても並び続ける人がいる。おそらく目的はシャツではなく、本田圭佑さんのクリアファイルなのだろう。

渋谷中は新商品の『クォーターパウンダーハバネロトマト』と『クォーターパウンダーBLT』の宣伝をするトラックやバイクが多数走っているほか、スクランブル交差点のビジョンでも既に宣伝が打たれていた。大々的にこの商品を売り出そうとしているのがわかる。

ガジェット通信取材班は12時前から並び店内に入店したのは14時半頃。そして購入できたのがそれから15分後である。この日マクドナルド東映プラザ店は『クォーターパウンダーハバネロトマト』と『クォーターパウンダーBLT』のみの販売となっており、飲み物も限定されていた。セット価格は特別価格で500円となっている。どちらも通常はセット価格が790円と840円となっている。

店内は混み合っていたため、持ち帰って食べることにした。もちろんクリアファイルとTシャツもゲット。長い時間だったが、これから帰ってクォーターパウンダーを食べなければいけない。しかも両方ともセットなのでポテトとドリンクも2個ずつあるのである。

ちなみに今日からマクドナルドの制服が新制服になったのは皆さん気づいただろうか。今日からは任意で新制服となり、24日から完全に新しい制服に衣替えするとのこと。新しい制服はベレー帽風なのとキャップの2種類ある。またクルーかマネージャーかによっても多少異なる。

さて、そんな与太話は置いておき早速試食である。まず最初は『クォーターパウンダーBLT』からである。『クォーターパウンダーBLT』はそのままベーコン、レタス、トマトが入っており、更にクォーターパウンダー特製パティも味わえる。味としてはサンドイッチ風味でマヨネーズが多少効きすぎだが、女性にはウケそうである。

そしてもう1つの『クォーターパウンダーハバネロトマト』である。こちらは暇そうにしていた編集者と2人で食べることにした。味の感想を次のようにもらったぞ。

「辛いハンバーガーということで、ハラペーニョを使ったものを想像しましたけれども、今回のソースはハバネロ。唐辛子特有の後にヒリヒリと残る、おなじみの辛さは、ソースの美味しさを引き立たせるアクセントとしてほど良く生きている。トマトが入る事によって、肉のうまみもより強調されたように感じました。従来よりもしっかりとした生地のバンズは素材のみずみずしさに負けることなく、最後までおいしく食べることができた」と要約すると「辛くてうまかった」ということだ。

私も実際に食べたのだが、ハバネロというと激辛というイメージがあるが、そこまで辛くはなくヒリヒリ残る程度である。普通に考えてファーストフード店でそんな激辛な物を提供するはずがないだろう。そのヒリヒリをトマトで中和してくれ多少後味が残る程度。両方とも思った以上においしかった。

単品『クォーターパウンダーハバネロトマト』が490円(セット790円)、『クォーターパウンダーBLT』が540円(セット840円)と今までのメニューに比べて多少高くなっているが試しに食べてみても良いお味である。実際の発売日には『Twitter』などで味の評価が投稿されそうである。

またおまけとしてマクドナルドの行列の模様を『YouTube』に公開したのでご覧頂きたい。



渋谷マクドナルドに出来た1000人の行列(YouTube)

<この記事に対するコメント&ツイート>
・恐怖・・・あさってヘルプで行くんだがorz
・宣伝するトラックやバイクも!!
・いつぞやかの大阪での先行販売を思い出したw
・制服新しくなったのな(´・ω・`)

元の記事:http://getnews.jp/archives/364489

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP