ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『魔法少女まどか☆マギカ』の痛ベンツ“まどカー”でキュゥべえさんとドライブしてきた!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

今年の秋に公開予定の映画『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語』(以下まどかマギカ)。どの様なストーリーなのか、まどかやほむらはどうなったのか、新しいキャラクターは出てくるのか。などなど、ファンの間では様々な予想・憶測が飛び交っています。

今回は、そんな気になるお話を伺うため、アニメ制作会社シャフトに突撃訪問! ……と、思ったのですが、まどかマギカの絵がデザインされた痛ベンツ“まどカー”が気になり乗せていただくことに。

シャフト入り口で“まどか”がデザインされた痛車がお出迎え。これはメルセデス・ベンツ日本が協力している第15回文化庁メディア芸術祭にて『魔法少女まどか☆マギカ』が「アニメーション部門大賞」を受賞し、その際、展示&試乗用に制作されたラッピングカーなのです。

ラッピングカーにはキャラクターが描かれていますが、色使いなども可愛く、おしゃれな印象。

片面はまどか、片面はほむらが描かれています。

フロントライトの上にはキュゥべえさんが! 可愛い。

キュゥべえの口の模様が可愛い後ろ姿。さりげなく「SOUL GEM」や「grief seed」などの文字も入っていました。

この日はこの“まどカー”に乗せていただけるということで、キュゥべえさんと乗り込むことに。さすがベンツの電気自動車、音も静かで乗り心地抜群です。キュゥべえさんもご機嫌……ですよね?


そして『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ』の巨大看板が掲出されていた秋葉原ソフマップ前まで車を走らせ、ラッピングカー&看板の記念撮影。この日は平日だったのですが、停車中の人気作品のラッピングカーに続々とファンの方が集まり、“まどカー”の写真を撮っていました!
秋には『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語』の公開を控えるシャフト。公開近くには制作スタッフのお話を伺えるかも!? お楽しみに!

『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語』2013年秋全国公開
映画公式サイト http://www.madoka-magica.com/
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)Magica Quartet/Aniplex・Madoka Movie Project Rebellion

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP