ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

YUKI新曲“STARMANN”が広末涼子主演ドラマ〈スターマン〉主題歌に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

YUKIの新曲“STARMANN”が、フジテレビ系で7月9日にスタートする広末涼子主演の新ドラマ「スターマン・この星の恋」の主題歌に決定した。

「スターマン・この星の恋」は、広末が約17年ぶりに連続ドラマの主役を務め、ヒットメイカーの堤幸彦が監督、岡田惠和が脚本を担当する注目のドラマ。広末の役どころは3人の息子を育てる男まさりなシングルマザーで、彼女と福士蒼汰演じる謎の青年との恋愛模様を描くラヴロマンスとなっている。

そんな話題作のために、YUKIは脚本を読んで主題歌“STARMANN”を制作。彼女は楽曲について「広末涼子さん演じる主人公が、落ちていた男〈星男〉の傍にいたいと願う気持ちを表現したら、音楽の魅力に捕らわれて、強力な恋をしてしまった女の子の歌になりました」と説明している。ソロ活動11年目に突入したYUKIの2013年最初の新曲が、どのような仕上がりになっているのか楽しみなところ。ファンはドラマのオンエアを楽しみにしておこう!

 

YUKI コメント

音楽には不思議な力があると思っています。
私たちを踊らせてくれたり、
ハッピーな気分にさせてくれる。
ロックンロールさせてくれる。
遠い昔を思い出す。
そして、哀しくもさせる。
それはとても、恋に似ていると思います。
脚本を読み、詩を書きました。
広末涼子さん演じる主人公が、
落ちていた男〈星男〉の傍にいたいと願う気持ちを表現したら、
音楽の魅力に捕らわれて、
強力な恋をしてしまった女の子の歌になりました。
灼けつくような恋をした主人公の行方がどうなるのか、とても楽しみです。
彼と踊り続けることができるように、希望を込めて、
そうであってほしいなと、願いながら歌いました。
堤監督、是非、ずっと一緒にいさせてあげてください!!

 

広末涼子 コメント

YUKIちゃんの声だけできゅんとさせられるのに、不安や願いや、言葉にできない恋する女子のキモチを力強く歌いあげてくれるこの曲の世界観に引き込まれました。

 

堤幸彦 コメント

岡田さんの奇想天外なストーリーにYUKIさんの超強力POPなテーマ曲! 最強です! いつも車でヘビロテしている隠れファンとして奮い立ちます!

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP