ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Swipe status bar : フルスクリーン時でも通知パネルをいつものスワイプ操作で開けるようにしてくれるAndroidアプリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アプリをフルスクリーンモードで利用している場合でも、通常のスワイプ操作で通知パネルを開けるようにしてくれる便利なアプリ「Swipe status bar」がGoogle Playストアでリリースされました。アプリは無料です。Androidアプリの中でもゲームの半分くらいはフルスクリーンで表示されると思いますが、そういったゲームをしている最中に通知を確認しようと思う場合は、基本的にはそのアプリを止めなければなりません。その不便さを解消してくれるのが今回紹介する「Swipe status bar」です。「Swipe status bar」はフルスクリーン表示でも通知パネルをいつも通りの仕草で開閉できるようしてくれるアプリです。アプリの機能を有効にすると、ディスプレイ上部から下にスワイプすることで通知パネルを開くことができます。閉じる場合は通知パネルの下部を上にスワイプするか、バックボタンを押します。これで、通知を確認したいけど、ゲームを止めるのはちょっと・・・という悩みを解消できると思います(当然、通知をタップすると該当のアプリが起動します)。「Swipe status bar」のセットアップアプリを起動し、「Enable SwipeStatusBar」にチェックを入れるだけです。「Start on boot」にチェックを入れると端末の起動時に自動的に有効になります。「Vibration Feedback」にチェックを入れるとディスプレイの縁をタッチした際にブルっと振動して機能していることを知らせてくれます。「Multitouch gesture」にチェックを入れると2点タッチで通知パネルが開く仕組みに切替わります。「Swipe status bar」の使い方上述の通りです。「Try it」の画面で感度を調節できるので、デフォルトの反応に不満がある場合は、テストをしながら調節してみてください。Swipe status bar」(Google Plsyストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
ソフトバンク、「Honey Bee 201K」にソフトウェアアップデートを提供開始、ボタン操作の機能割り当てを変更、スリープから復帰しない事象にも対処
HTC、Desireシリーズの新型Androidスマートフォン「HTC Desire 200」を正式発表
元HTC幹部2名が英国においてスマートフォンのベンチャー企業「KAZAM」を設立

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP