ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【6/21(金)】江戸美学研究会 納涼イベント「癸巳 禅僧 VS ゆうれい」開催

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

何とも面白そうなイベントが開かれます。その名も「癸巳 禅僧 VS ゆうれい」。

どうやらこのイベント、去年も開催され大盛況であったことから、今年も引き続き行われることになったようで、禅僧も増員してパワーアップをはかるのだとか!!

禅僧と言っても、色々ありますが、登場するのは曹洞宗のお坊さんたち。去年の映像を見ると、曹洞宗の祈祷「大般若会」と「怖い話」の二本立てのようです。

曹洞宗とゆうれいの組み合わせというと、何と言っても上田秋成の記した江戸後期の怪異譚『雨月物語』「青頭巾」でしょう。内容には詳しく触れませんが、江戸時代に隆盛を誇った関三刹の一つ栃木県の大中寺の縁起にもなっているお話で、迷いの世界に落ちて鬼人と化した密教僧の魂を、曹洞禅の快庵妙慶禅師が救うという流れです。

「仏教では霊魂の存在は規定していない」という否定的な意見もあるかも知れませんが、不思議なものは不思議なものとしてそのままにしておくことも、日本の仏教文化に触れる上では一つの立場としてアリでしょう。

はたして、この「癸巳 禅僧 VS ゆうれい」では、どんなお話が聞けるのか?

是非、皆さん自身で体感してきてください!!

江戸美学研究会 納涼イベント【癸巳 禅僧 VS ゆうれい】
  http://www.jlds.co.jp/ebiken/join/2013/06/-vs.html
■日 時:6月21日(金)19:00〜21:00(終了予定) ※18:40より受付開始
■場 所:アサヒ・アートスクエア
              〒130-0001 東京都墨田区吾妻橋1-23-1 スーパードライホール 4F
               http://asahiartsquare.org/ja/access/
■参加費:1,000円〈お札、お線香のお土産付き〉
■定 員:65名 
■締 切:6月17日(月)午前まで。※定員になり次第、締め切り。

○連載:仏教なう

彼岸寺の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.higan.net/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP