ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、Galaxy Note 8.0(GT-N5110)米国版に対して、164MBの大規模アップデートを提供開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungが米国で発売中の8インチタブレット「Galaxy Note 8.0」のWi-Fi版(GT-N5110)に対して、「N5110UEEMF1」ビルドへのアップデートの提供を開始しました。アップデート内容は、”安定性を改善しました”としか表示されていませんでしたが、更新ファイルの容量が164MBと大規模なので、機能追加等の変更も行われているかもしれません。OSバージョンはAndroid 4.1.2のままで、カーネルは6月4日にビルドされたものにアップデートされていました(3.0.31系)。気づいた点としては、ホーム画面を表示したときのステータスバーのデザインがグラデーションがかかったものに変わったこと、画面の自動回転がリニアに動くようになったことくらいです。画面回転については、端末の向きを変えると1秒未満で切替わるようになっています。アップデートは端末単体(端末情報)→「ソフトウェア更新」をタップ)またはSamsungのPC同期ツール「Samsung Kies」にて実施することができます。Source : Samsung



(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia Z(C6602とC6603)用のAndroid 4.2.2ベースの公式ファームウェアが流出、アプリ起動履歴の画面が刷新、ウィジェットのスモールアプリ化にも対応
Android版Google+がアップデート、デスクトップ・モバイル間での通知の同期に対応、アプリ起動時にはストリームが自動的に更新される
Xperiaのスモールアプリに対応したGmailクライアント「GMAILmall for JB SmallApp」がリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP