体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“ミルクキャラメルだらけ”になった森永の製品を全部集めてみた

ミルクキャラメル製品集合

森永製菓の代表的な商品の一つ、『森永ミルクキャラメル』(以下ミルクキャラメル)。最近この『ミルクキャラメル』系の製品がやけに“増殖”しているという。言われてみれば、そんなに買い物をしない僕さえもスーパーなどの売り場で『ミルクキャラメル』な商品を見かけたことがある気がする。
女性社員に聞いても「ああ、最近多いよね!」と複数の証言。

そこで何の気なしに調べてきたら、予想外に多くの数が出てきた『森永ミルクキャラメル』関連の商品。そこで、今回は森永の『ミルクキャラメル』関連商品を“全部”集めてみることにした。

なんでこんなに『森永ミルクキャラメル』か?

『森永ミルクキャラメル』の発売は100年前の1913年(明治45年/大正元年)。そう、『ミルクキャラメル』は今年で100周年だったのだ。

変わらぬパッケージには、「滋養豊富・風味絶佳」(じようほうふ・ふうみぜっか)の文言。発売された当時に、栄養価と風味の良さが必要とされていたのだなあ、ということがうかがい知れる。

ちなみに『ミルクキャラメル』、もともとは『キャラメル』という商品名であった。現在の商品名になったのは1913年(大正2年)6月10日。よってこの6月10日は「ミルクキャラメルの日」として日本記念日協会に認定されている。

以下、実際に入手した商品を列挙していきたいと思う。結構あるぞ。

『ミルクキャラメル』~まさに原点

良質の原料をじっくり煮詰めて作る伝統の味。ほどよい甘さとミルクの優しい味で小腹と心を満たしてくれるキャラメル。

森永ミルクキャラメル 森永ミルクキャラメル02

言うまでもない森永の原点的な商品の一つ。上質な砂糖とミルクの味わいは変わることなく、安心感すら与えてくれる味わいだ。

『ミルクキャラメル袋』~小分けタイプでみんなと分け合える

伝統の味が小分けタイプに。みんなと分け合えるのも魅力。

キャラメル袋 キャラメル袋02

『ミルクキャラメル』が小分けタイプになって登場。四角い黄色い箱もかわいいけど、袋になっているので旅行やちょっとしたお出かけに周りの人に配れるのは心憎い。

『あずきキャラメル』~あんの美味さが融合

国産ミルク100%使用。十勝産あずきのあんを使った、上品で風味豊かな味わい。

あずき あずき02
1 2 3 4次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。