ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Gogole、顔の表情で認証を行う新技術の特許を出願、フェイスアンロックのセキュリティ強化狙い?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Googleが米国特許商標庁に対して、顔の表情によりシステムへのアクセス認証を行う新技術の特許を出願していたことが判明しました。Andoridには顔認識技術を活用したロック解除機能「フェイスアンロック」が実装されていますが、今後、この技術をAndroidに実装することでフェイスアンロックのセキュリティ強化を図ろうとしているのかもしれません。GoogleはAndroid 4.0(ICS)と共にスマートフォンのフロントカメラを用いた顔認識技術によるロック画面の解除方式「フェイスアンロック」をリリースしました。当初の実装では、持ち主の顔写真だけでロックを解除できてしまうことが実証され、容易に解除できてしまうものでした。Android 4.1(Jelly Bean)では、認証に使われている顔が生身の人間のものであることを確認すべく、認証の際にユーザーに瞬きを要求するオプションを追加しましたが、こちらもまばたき動画を使用することで容易に回避できるなど、現状のフェイスアンロックはセキュリティ性の低いものとなっています。これに対して今回の特許では、1回の認証で2度の顔認証を行い、さらに、2枚の画像を比較して検出された表情が登録されたものと照合して認証を行うようです。フェイスアンロックに実装されるとすれば、ウィンク、笑顔、舌を出しておどける、口を大きく開いて笑う、でこにしわを寄せる、目をしかめるといった表情が認証時に要求され、顔の動きを登録された人物のものと照合して認証を行うという形になると予想されます。公開された特許情報より顔認識技術を活用した新しい認証技術の存在は確認されましたが、Andoridの次期バージョンで実装されるのか、どのような形で実装されるのかなどのリリース計画は明らかになっていません。Source : BBCUSPTO



(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy Note IIIの試作機の写真が公開
マイアプリマネージャー : アンインストールの履歴保存やPlayリンクのブックマーク保存も可能なAndroidアプリ管理ツール
「Galaxy Ace 3」の公式画像が流出?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。