ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony Mobile、Xperia L(C2105)に「15.0.A.1.36」ビルドへのアップデートを提供開始、ストレージ周りの不具合に対処

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobileが海外で販売している「Xperia L(C2105)」に対して、「15.0.A.1.36」ビルドへのアップデートの提供を開始しました。アップデートは現在のところ、スペインなどの欧州の一部の国で配信されています。アップデートはXperia Lの更新センターまたはPC Companionを通じて実施できます。アップデート後のOSバージョンはAndroid 4.1.2(Jelly Bean)のままです。主な変更内容は、システムパフォーマンスと安定性の改善、さらに、前回の「15.0.A.1.36」で発生していたストレージの取扱に関する不具合の修正。Micro SDカードがランダムに取り外されたり、挙句の果てに初期化したというメッセージ(実際には初期化されていません)が表示される事象が修正されているかもしれません。Source : Vodafone



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、Galaxy Tab 3 7インチ/8インチモデルに”Gold-brown”カラーを追加?プレス画像が流出
Xperia向けのWindowsツール「Xperia Toolkit v1.0」がリリース、一部のADBやFastbootコマンドをワンクリックで実行可能
BOSE、スマートフォン・タブレットでも利用可能なポータブルBluetoothスピーカー「SoundLink Mini Bluetooth speaker」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。