ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

魅族(Meizu)、4インチ・Exynos 4212プロセッサを搭載した新型スマートフォン「M035」を近日発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国のスマートフォンメーカー 魅族(Meizu)が、「M035」という型番の新型スマートフォンを開発しているという情報が中国サイトのMyDriversで伝えられています。同サイトでは、M035の実物画像やスペック情報も掲載されています。現行最新のMeizu MX2の型番が「M040」なので、「M035」は型番的にはMeizu MX2よりも下位の機種になります。以下のスペックを見ると、Meizu MX2よりも小型でスペックも低いようです。M035は中国で6月13日に発表/発売され、1,399元の安い価格で販売されるとのことです。次は同サイトで伝えられていたスペック情報です。ディスプレイは4インチ960×540ピクセルの液晶(OSGタッチパネル)、プロセッサはSamsung Exynos 4212 1.5GHzデュアルコア(32nm HK/MG、Cortex-A9)、RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量は8GB、リアカメラは800万画素のSony製モジュールを搭載。Source : MyDrivers



(juggly.cn)記事関連リンク
LG、米U.S. CellularにLTE対応Androidスマートフォン「Optimus F7」を投入
2013年4月の米国スマートフォン市場、Androidのシェアは52%
NTTドコモ、動きを加えたパノラマ写真を撮影できるAndroid向けカメラアプリ「動くパノラマフォト」のトライアル提供を開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP