体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ヒロスエと家族になれる? 本気を出した高知県の『高知家』会見で参加記者が狂喜乱舞

ヒロスエと家族になれる? 本気を出した高知県の『高知家』会見で参加記者が狂喜乱舞

「高知県は、ひとつの大家族やき。高知家(こうちけ)ながよ」――女優の広末涼子さんが高知県の新しいスローガンを発表する記者会見“風”の動画が公開されました。“高知県はひとつの家族”というコンセプトを広末さんがプレゼンした後、会見は質疑応答から徐々におかしな空気に。最後には参加した記者たちが狂喜乱舞するのですが、いったい何があったのでしょうか。

会見の模様

『高知家』会見では高知県の尾﨑正直知事が「高知県の新しいスローガンを娘の涼子から発表させていただきます」と広末さんを紹介。知事の“娘”だったんですか……? 広末さんは『高知家』のスローガンを発表後、プレゼンの中で高知県の人は「お互いを家族みたいに思うちゅう」「75万人全員がひとつの大家族やと思うちゅう、珍しい県だがよ」とコンセプトを説明。なるほど、だから知事を含む高知家全員の娘だったんですね。さらに、「うちは、高知県に縁のあるすべての人、みんなぁを、高知家の家族やと思うてます」とコメントします。

続く質疑応答で、ある記者が「私、高知県出身ながですが」と打ち明けると、広末さんが笑顔で「お父ちゃん」と呼びかけて回答。周りの記者も「おお~」とどよめきます。ここから会見はおかしな空気に。続いてちょっと高齢の記者が「私も同じ高知県で生まれ育ったんがじゃき」と言うと広末さんは「おじいちゃん」と笑顔。

「カツオ人間兄ちゃん」

続々と手が上がる会場の中には、魚の頭が人間化した異様なキャラクターの姿も。これに広末さんは「カツオ人間兄ちゃん」と呼びかけます。

「私の妹のダンナのいとこが、高知出身なんですが」という記者も現れる始末。これには会場も一瞬沈黙し、「遠いな」とみな首をかしげています。広末さんの回答は……「お兄ちゃん」。

「お兄ちゃん」

どよめきが起こり、席を立って喜び合う記者たち。会場にはなぜか紙ふぶきが舞い、記者たちは踊りだすというお祭り状態に。みんな広末さんと家族になれてよかったね!

カウントダウンサイト

この会見動画はカウントダウンサイト( http://www.honkidasimasu.jp/ )で「高知県は、本気出します」と告知されていたもの。高知県の本気は2013年度の高知県PR『高知家』キャンペーンだったのです。

『高知家』ウェブサイト

現在動画は『高知家』ウェブサイトで公開中。こちらは高知県の名産品情報、観光情報、高知県への移住を支援するウェブサイト『高知でくらす。』にリンクしているほか、高知に移住して生活している『高知家』の家族が紹介されています。今後もここから高知の情報が発信されていくので、興味を持った人やヒロスエの家族になりたい人はチェック!

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。