ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

永ちゃん貫禄の首位! 5月のタワレコ全店インディーズ・チャート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

2013年5月のタワーレコード全店のインディーズ・チャートを発表します!

1. 矢沢永吉 『ALL TIME BEST ALBUM』
2. THE GOLDEN WET FINGERS 『KILL AFTER KISS』
3. HEY-SMITH 『Now Album』
4. ゴールデンボンバー 『ザ・パスト・マスターズ vol.1』
5. KANA-BOON 『僕がCDを出したら』
6. 己龍 “愛怨忌焔”
7. Negicco “アイドルばかり聴かないで”
8. SHANK 『Summer time in the country』
9. plenty 『this』
10. Aldious 『District Zero』

 

5月のチャートを制したのは、矢沢永吉のキャリア初となるオールタイム・ベスト・アルバム『ALL TIME BEST ALBUM』。ソロ・デビュー曲“アイ・ラヴ・ユー,OK”から近年の人気曲まで、日本のロック・シーンを彩ってきた数々の名曲がCD3枚に集約された豪華内容ということもあって、オリコンの週間チャートでも初登場1位を記録する話題作となりました。

2位には、チバユウスケ(ヴォーカル/ギター)、イマイアキノブ(ギター)、中村達也(ドラムス)から成る3ピース・バンドのTHE GOLDEN WET FINGERSによるファースト・アルバム『KILL AFTER KISS』がランクイン。続く3位には、メロディック・シーンを牽引する5人組バンド、HEY-SMITHのニュー・アルバム『Now Album』がつけています。

ほかにも、本チャートの常連になっているヴィジュアル系バンドの己龍、タワー発のアイドル専門レーベル〈T-Palette Records〉に所属するNegicco、長崎を拠点とする3ピース・メロコア・バンドのSHANK、緻密な音作りで支持を集めるplenty、ガールズ・バンドのAldiousの新作がそれぞれ初登場。また、ゴールデンボンバー『ザ・パスト・マスターズ vol.1』とKANA-BOON『僕がCDを出したら』が先月に続いて上位に入りました。

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP