ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

弁護士有志、橋下氏の懲戒請求 「弁護士品格どん底に落とす」(弁護士 壇 俊光)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今回は壇 俊光さんのブログ『壇弁護士の事務室』からご寄稿いただきました。

弁護士有志、橋下氏の懲戒請求 「弁護士品格どん底に落とす」(弁護士 壇 俊光)

本当に、橋下氏に対して懲戒請求をやったようで、記者会見までしたようである。

懲戒請求書は、橋下氏が慰安婦を「当時は必要だった」と発言し、在日米軍に風俗業活用を求めたことを「弁護士の社会正義の実現、基本的人権擁護義務に反する異常な発言だ」と批判している。

「弁護士有志、橋下氏の懲戒請求 「弁護士品格どん底に落とす」」 2013年05月29日 『47NEWS』
http://www.47news.jp/CN/201305/CN2013052901001619.html

そうである。

「橋下市長を懲戒請求=市民ら730人、慰安婦発言で-大阪」 2013年05月29日 『時事ドットコム』
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201305/2013052900897

請求代表人は辻公雄先生のようである。辻先生のことは、当然存じ上げている。先人として尊敬している。こういう発言が今後の人間関係的に損であることは分かっている。

それでも私は言う。

懲戒請求は間違いだと。

市長の発言は、政治家として問題である。

彼の発言は弁護士としての発言では無い。

彼の発言が名誉毀損なのであればともかく、今回のことは、政治の場で責任を問われるべき問題である。

もし、リコールであれば、私は、遠慮無く投票しよう。しかし、これは、懲戒の問題では無い。

弁護士が、政治的発言を理由に懲戒を受けるのであれば、弁護士会による表現の自由の侵害になりかねない。

たとえ敵であっても人権を尊重するのが弁護士じゃ無いのか?

弁護士自治の根幹をそんな愚かなことに使わないで欲しい。

執筆: この記事は壇 俊光さんのブログ『壇弁護士の事務室』からご寄稿いただきました。

寄稿いただいた記事は2013年06月04日時点のものです。

寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP