ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ASUS、ペン入力対応の6インチAndroidタブレット「Fonepad Note FHD6」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ASUSは6月3日、台湾で開催された「Computex Taipei 2013」のプレスカンファレンスにおいて、音声通話機能付タブレット”Fonepad”第2弾となる「Fonepad Note FHD6」を発表しました。Fonepad Noteは、画面サイズ6インチ1,920×1,080ピクセルの高解像度液晶(IPS)を搭載したポケットサイズのAndroidタブレット。初代Fonepadに見られる音声通話機能や3Gデータ通信機能に加えて、新たにスタイラスペンによる手書き入力機能をサポートしています。Galaxy Noteの画面サイズを拡大したかのような製品です。本体デザインはスマートフォンに近い感じです。スタイラスペンは本体下部に収納できる仕組みとなっています。前面にはHTC Oneのように上下にスピーカーを備えています。フロントデュアルスピーカーはSonic Masterに対応しています。プロセッサはIntel Atom Z2560″Clover Trail+” 1.6GHz。RAM容量は2GB、内蔵ストレージの容量は16GB、Micro SDカードも利用可能です。カメラは背面に800万画素と前面に120万画素を搭載。ワイヤレス機能はWi-Fi a/b/g/n、Bluetooth v3.0、DC-HSDPA 42Mbpsなどに対応しています。詳細は発砲されしだい追記します。Source : ASUS



(juggly.cn)記事関連リンク
世界中で使われているAndroidのバージョン別シェア(2013年5月)、Jelly Beanがシェア33%でGingerbreadに迫る
NTTドコモ、「ARROWS Kiss F-03E」のソフトウェアアップデートを開始、海外利用での不具合を改善
Google未提供のAndroid版「Gmail v4.5」のapkファイルが流出(更新)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP