ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Lenovo、音声通話機能付き7インチAndroidタブレット「Lenovo A5000-E」を開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国のLenovoが、音声通話機能を備えた画面サイズ7インチのAndroidタブレット「Lenovo A5000-E」を開発していることが中国 工信部で公開された認証情報より判明しました。型番がAシリーズのものなので、エントリーレベルの機種となりそうですが、型番の規則性から既に発売された「A1000」や「A3000」よりも上位と推測されます。通信方式はGSM/CDMA2000に対応しているので、端末自体は中国電信のネットワークで利用できるものとして作成されていると思います。認証資料のスペック情報によると、ディスプレイは7インチ1,024×600ピクセルのTFT液晶、本体サイズは194mm×120mm×11mm、質量は350g。本体寸法は7インチタブレットの中でも平均的なものと言えます。プロセッサは1.2GHz駆動のクアッドコアCPUを搭載したもの。おそらくMediaTek製でしょう。RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量は不明でですが、最大64GBまでのMicro SDカードに対応しています。カメラは背面に800万画素と前面に30万画素を搭載。Source : Tenaa



(juggly.cn)記事関連リンク
ハングアウトの未読メッセージ数などをロック画面上で確認できるDashClock拡張機能「Dashclock Hangouts Extension」がリリース
NVIDIAがSHIELDの最終版ハードウェアを用いた紹介動画を公開、25種類のTegra 4最適化ゲームも開発中
MediaTek、エントリーレベルのタブレット向けSoC「MT8125」のリリースを発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP