体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ジャングル黒べえ」が絶版になっていた本当の理由 – 安藤健二「封印作品の謎2」

「ジャングル黒べえ」が絶版になっていた本当の理由 - 安藤健二「封印作品の謎2」

今回はよしてるさんのブログ『庭を歩いてメモをとる』からご寄稿いただきました。
※この記事は2011年03月22日に書かれたものです。
※すべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/351396をごらんください。

「ジャングル黒べえ」が絶版になっていた本当の理由 – 安藤健二「封印作品の謎2」

「ジャングル黒べえ」が絶版になっていた本当の理由 - 安藤健二「封印作品の謎2」

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/05/fuin.jpg

人気作品が絶版になっている。なぜ?それを追ったルポルタージュです。ここでは、原作者と作画者の確執がもとで絶版状態が続いている「キャンディ・キャンディ」、取材するもいっこうに絶版理由が明らかにならない「オバケのQ太郎」(最後にはおぼろげながらに真相らしきものが浮かび上がります。ちなみに藤本さんと安孫子さんの仲違いではありません)、私自身は存在すら知らなかった手塚治虫の特撮もの「サンダーマスク」と、どれも興味深かったのですが、著者(安藤健二さん)の情熱に一番うならされたのは藤子不二雄「ジャングル黒べえ」についての章です。

※「オバケのQ太郎」は、この本が出版された2006年当時は20年以上にもわたる絶版状態のさなかでしたが、現在は無事出版されています。

※ 2013年5月26日追記:まんが版の「ジャングル黒べえ」は、本書発刊時には絶版でしたが、2010年5月に「藤子・F・不二雄大全集・第一期」にて復刊されています。情報をくださった方々にお礼申し上げます。

「ジャングル黒べえ」が絶版になっていた本当の理由 - 安藤健二「封印作品の謎2」

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/05/fuin02.jpg

黒人差別をなくす会

現在、「ジャングル黒べえ」単行本が絶版になりアニメも再放送どころかDVD化もされない理由。けっこう有名ですよね。表現が黒人差別にあたると見なされたゆえ。それを指摘したのは「黒人差別をなくす会」。この団体は実は家族3人だけで成り立っているが、出版界への影響は強かった・・・ここまでは私も知っていました。しかしこの本では、事情はもっと深いところにあったことが明らかにされています。

まず、「なくす会」は「ジャングル黒べえ」を糾弾していませんでした。やり玉に挙がったのは、藤子不二雄作品に関しては「オバケのQ太郎」の「国際オバケ連合」というエピソードのみ。世界のオバケが集まる総会に来た「ウラネシヤ」の「ボンガ」というオバケが黒く厚い唇で、「バケ食いオバケ」とされていて、「(悪いやつらは)たべてしまえ」と発言、驚くオバケたちに「いまのはもののたとえだよ」と説明。この造形とやりとりが対象だというのです。89年7月の出来事です。しかしこの時、「なくす会」は「ジャングル黒べえ」を対象とはしていません。

当時、「なくす会」は破竹の勢いでした。堺市在住の公務員有田利二氏が妻・当時小四の息子と結成したこの会は、88年の渡辺美智雄政調会長の「黒人だとかいっぱいいて・・・(破産しても)アッケラカーのカー」発言以後、黒人を揶揄したような商品を糾弾し始めます(海外旅行に使うはずだった25万円で100点以上の商品を購入)。商品を出している会社に改善要望の手紙を送るなどしたのです。その後は、有名な「ちび黒サンボ」の絶版、タカラのダッコチャンマークやカルピスの黒人マークの変更。そして上述の「オバQ」を含む多くのまんがが次々と出荷停止・書き換えとなっていきます。この中で、出版社は過剰反応し、直接やり玉にあがっているわけでもない「ジャングル黒べえ」を自主規制してしまった可能性が高いようです。では、なぜ出版社はそれほど「なくす会」を恐れていたのでしょうか。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会