ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コヴィア、充電クレードル付き7インチAndroidタブレット「FleadTab CTB-702B-C」を6月上旬に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

コヴィアは5月30日、充電クレードルが付属する7インチAndroidタブレット「FleadTab CTB-702B-C」を6月上旬より発売すると発表しました。販売店舗は全国の量販店、オンラインショップ等。価格はオープン。CTB-702B-Cは、Android 4.0(ICS)を搭載した画面サイズ7インチの小型タブレット。製品には充電用クレードルが付属しており、デスクやテーブルの上に置いて充電しながら操作することも可能です。ディスプレイは7インチWVGA(800×480ピクセル)のTFT液晶(電容量式タッチスクリーン、マルチタッチ対応)、CPUはシングルコアのARM Cortex A8 1.2GHz、RAM容量は512MB、内蔵ストレージの容量は4GB、外部メモリはmicro SDも利用可能です/micro SDHC(最大32GB)に対応します。カメラはディスプレイ側に30万画素CMOSを搭載。背面には比搭載。通信機能はWi-Fi b/gのみ。3G通信は非対応。外部端子は、mini USB、micro SDカードスロット、3.5mmオーディオジャック、電源端子を搭載。外部にはその他、マイク、モノラルスピーカー、リセットボタンも搭載されています。バッテリー容量は2,400mAh。本体サイズは189 mm×118 mm×11.5 mm、質量は305g。7インチタブレットにしては結構軽いですね。Google Playには非対応ですが、マーケットアプリとして、「Tapnowマーケット」がプリインストールされています。日本語入力アプリもあるそうです。Source : コヴィア



(juggly.cn)記事関連リンク
Nexus 4ホワイトカラーが米国のGoogle Playストアで販売開始
月額980円で聴き放題の音楽サービス「KKBOX」が本日開始
Samsung Galaxy Tab 3 10.1でIntel ”Clover Trail+”が採用、Reutersが報じる

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP