ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

不要になった物を友人と物々交換できるアプリ「Bondsy」が公式デビュー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ベーコンが余っているのだけど」「うちのコーヒー豆と交換しない?」。友人同士が物々交換できるソーシャルネットワーク「Bondsy」が3カ月間のベータ版を経てこのほど公式デビューした。この無料iPhoneアプリでは、不要になったものを何でも交換リストに掲載できる。古いレコード、家具といった物だけでなく、対価として「ディナーと交換」というのもOK。ルールなどは一切なく、友人との気軽な交換の場を提供している。

Bondsyは交換に出す物に制限がないだけでなく、対価も自由に決められるのが特徴だ。例えば、サイトを見るとBondsyのCEOはピンク色のヘッドフォンを交換リストに掲載し、コメント欄で「友人からプレゼントされたものだけど、ご存知の通り、ボクはピンクが似合わないから」と説明し、対価として「ランチ、または料理本、もしくは秘密の暴露」を求めている。この投稿に対し、友人の1人が「決める前にちょっと借りてもいい?」と尋ねる、といった具合だ。

もう1つの特徴が、仲間内だけのネットワークとなっていること。他の「売ります買います」サイトのように、見知らぬ人と気骨が折れるやり取りをする羽目になってうんざり…ということがないのも安心だ。また、この物々交換を、しばらく会っていなかった友人と旧交を温めるチャンスとしても活用できる。

BondsyのCEOは数年前にブラジルからニューヨークに引っ越す際、Flickrを活用して所有物すべてを処分した。その過程で、友人と会って物を引き渡すという作業が意外に簡単ではなことに気づき、Bondsyのアイデアがひらめいたという。「ソーシャルネットワークを実世界で友人と触れ合うためのツールとして活用してもらいたい」と語っている。

Bondsy

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP