ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

優雅な「アフタヌーンティー」が楽しめるホテル5選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

紅茶と共にスイーツや軽食を楽しむイギリス式の「アフタヌーンティー」は、優雅で贅沢なひとときを味わいたいときにぴったり。多くのホテルでそんな「アフタヌーンティー」が提供されているが、今回は旅行のクチコミサイト「フォートラベル」のランキングをもとに、特にオススメの5箇所ご紹介!

●ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ「ニューヨーク ラウンジ」
昨年スタートした「ニューヨーク ラウンジ」のアフタヌーンティーは、その名の通りニューヨークにいるような豪華な雰囲気の中、オリジナリティ溢れるフィンガーフードを味わうことができる。
HP:http://www.interconti-tokyo.com/restaurant/the-lounge/

●ザ・リッツ・カールトン 東京「ザ・ロビーラウンジ&バー」
地上45階に位置し、東京タワーや東京スカイツリーが見渡せる抜群の眺望が人気。6月からは、専任のティーマイスターがゲストの好みに合わせ茶葉を調合する「アーティストリーアフタヌーンティー」がスタート。自分だけの特別なティータイムを楽しむことができそうだ。
HP: http://www.ritzcarlton.com/ja/Properties/Tokyo/Dining/TheLobbyLoungeBar/Default.htm

●ザ・ペニンシュラ東京「ザ・ロビー」
本場・香港でも人気の高い、ペニンシュラホテルのクラシックアフタヌーンティーで、生演奏を聴きながら優雅なティータイムを堪能することができる。3段のティースタンドには、フィンガーサンドイッチセレクション、スイーツセレクション、自家製のオーガニックスコーン&オーガニックジャムやオリジナルクロテッドクリームなど、季節の食材やフルーツを使用した上品なメニューが揃えられている。
HP:http://www.peninsula.com/tokyo/jp/default.aspx#/tokyo/jp/Dining/The_Lobby/

●パークハイアット東京「ピークラウンジ」
41階のラウンジからは、新宿の超高層ビル街をはじめとした東京の街並みが一望できる。こちらでは「アフタヌーンティー セット」と「スイート ハイティープレート」があり、どちらもプティデザートとフィンガーフードを好きなだけ食べることができる。
HP:http://tokyo.park.hyatt.jp/ja/hotel/home.html

●ザ・リッツ・カールトン 沖縄「ザ・ロビーラウンジ」
エメラルドグリーンに輝く美しい海を眺めながら、ゆったりと心地よい時間を過ごすことができる。また、沖縄ならではの食材を利用したメニューも人気で、スコーンのジャムにも、シークワーサーやタンカンなど沖縄のフルーツが登場する。
HP:

ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP