ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

変わった箸の持ち方大全集 クワマンの箸の持ち方は異常

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


元の記事:http://getnews.jp/archives/342102

箸といえばアジアを中心に使われる食事の道具。主に片手で挟んだり切ったり取り分けたりといったことが可能な万能道具として使われている。箸の使い方は幼い頃に持ち方を学ぶのだが、希に変な癖が付いてしまいそのまま成長してしまう人がいる。今回はそんな変わった箸の持ち方を紹介したい。

※全ての画像(4点)をご覧になれない方はこちらからご覧ください。

・クロス持ち
箸を持った際に箸が交差してしまう持ち方。非常に使いづらそうに見えるが本人は「特に不自由していない」とのこと。

・握り持ち
箸を人さし指と中指で動かすのではなく、握った持ち方で器用に動かす持ち方。北川景子がこれに近い。箸が持てない子どもがやりがちな持ち方。

・クワマン持ち
テレビで見たときに衝撃だったのが“クワマン持ち”である。上記の握り持ちを逆にして更にパワーアップさせた持ち方。どうやって箸を動かしているのか気になる。どうやら親指で箸を動かしているようだ。

・ハットリ君持ち
忍者ハットリ君の箸の持ち方。片手に一本ずつ持って食べる。伊賀の里には箸がなかったという設定からか箸が使えないことになっている。両手に一本ずつ箸を持ってラーメンを食べるシーンなんかも。

正しい持ち方は?

箸の正しい持ち方は? 実に簡単であるがなんと正しい持ち方をしているのは3割程度だとか。上の箸を人さし指と中指で挟んで動かし、親指は添えるだけでいい。下の箸は薬指の爪の部分と親指の付け根で固定。動かす際は上の箸のみを動かせば良い。希に下の箸も動いてしまう人がいるがそれは誤った持ち方をしているはずだ。

ガジェット通信スタッフを調査したところ変わった箸の持ち方をしている人も多かった。雑貨屋などで矯正器具が売っているので指摘されたことがある人や自分で変な持ち方をしていると自覚のある人は直してみてはどうだろうか。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP