体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「アメリカのクジラ」は無制限緩和で物価下落。「日本のクジラ」の無制限緩和の行く末は?

「アメリカのクジラ」は無制限緩和で物価下落。「日本のクジラ」の無制限緩和の行く末は?


今回は脇田栄一さんのブログ『ニューノーマルの理』からご寄稿いただきました。

「アメリカのクジラ」は無制限緩和で物価下落。「日本のクジラ」の無制限緩和の行く末は?

黒田バズーカの、「物価を上げて金利を下げる」という都合の良いバラ色作戦は、現時点で色褪せしそうな気配。現状はその意図とは裏腹に「物価は下がって金利は上がっている」。

そういえば経済学者の池田信夫氏も「黒田バズーカは国債市場に命中した」という核心を突くような事を言っていたが、現段階ではそのように解されても仕方のない状況だといえるだろう。

先日、この現象について麻生財務相は「資金が債券から株式に移動した、当然の事」と言及したようだが、「当然」だとするのであれば、この現象は事前に分かっていたのだろうか? 安倍首相と麻生財務相とでは、金融市場に対する理解度に差異がある事は、彼(麻生財務相)のコメントの節々から伝わってくるものの、政府の政策意図(名目上は日銀政策だが、実質的には政府と捉えて差し支えないだろう)としては、「大規模緩和によって長期金利を抑え込む作戦」だったので、麻生財務相が内閣の一員であることを考えれば、そんなことを彼は暢気に言ってよいのか? と少々違和感を覚える。彼にだって責任は当然あるのだから。

当レポートが、米中銀FRBにフォーカスを当てている傾向にある事は皆さん既知の事かと思われるが、日銀同様、FRBとて「池の中の(大きな)クジラ」。その政策を大いに参考にしなくてはならない。

たとえば、そのFRBによるQE1からQE3までの長期国債買取の局面では(MBS緩和はここでは除く)、例外なく、発動直後には長期金利はすべて上昇してきた。周知のとおり株式も上昇している。緩和と金利上昇の連動性、については数年前より度々言及*1してきたが、FRBのQEと金利・物価動向については、黒田緩和の先行きを見通す上でも、若干の参考になるのではないだろうか。

*1:「緊迫する米デフレ危機 :FOMC声明」 2010年08月11日 『ニューノーマルの理』
http://ameblo.jp/eiichiro44/entry-10616129710.html

「アメリカのクジラ」は無制限緩和で物価下落。「日本のクジラ」の無制限緩和の行く末は?


(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/05/012.jpg

上図の赤枠は、左からQE1・QE2・ツイストオペ・QE3の政策発動時期と米長期金利動向を表している。 これら4つの政策はすべて、今回の黒田バズーカと同様、(アメリカ版)「長期国債を大規模に買い取る作戦」になるのだが、米長期金利は例外なくハネている、という事が確認できる。 (ここでは、QE-LiteやMBSのロールオーバー、MBS無制限緩和などは除いた。ちなみに今年の1月からは国債のロールオーバーも再発動している)

問題は物価(上昇率)だ。(下図) 上図とその時期を照合して頂きたいのだが、FRBが目標としているPCEインフレ(PCEデフレーター、価格指数)は、QE1とQE2の時は上昇している。そして(上図)10年債利回りを観てもお分かり頂けるように、ツイストオペとQE3発動時には、QE1とQE2と比較し、利回り上昇率は低く、そして物価も下落(下図)している。これはなぜか?

「アメリカのクジラ」は無制限緩和で物価下落。「日本のクジラ」の無制限緩和の行く末は?


(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/05/021.jpg

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。